写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは19日、広色域に対応したプロ仕様の32型4K UHD液晶ディスプレイ「PA329Q」を発表した。4月21日より発売する。価格はオープン。

プロ仕様の32型ワイド液晶ディスプレイ。解像度は3,840×2,160ドットで、Adobe RGBカバー率99.5%、sRGBカバー率100%、DCI-P3カバー率90%、Rec.709カバー率100%を達成している。Rec.2020の色域にも対応。映像信号処理は14bit LUTに対応しており、ガンマ値の設定は2.4 / 2.2 / 2.0 / 1.8から選択可能。

詳細な色設定が可能な「ASUS ProArtキャリブレーション技術」を搭載しており、接続機器に合わせてのキャリブレーション設定が可能。設定内容は液晶ディスプレイ内部のメモリに記録でき、専用ボタンを押すことで設定内容を復元できる。キャリブレーションハードウェアは、X-Rite i1Display ProやDatacolor Spyder5にも対応。

Picture in Pictureや、Picture by Pictu表示に対応するほか、ブルーライトを軽減機能では、見え方が異なる4種類のフィルターが用意されている。チラツキをなくすフリッカーフリー技術も搭載。

主な仕様は、画面サイズが32型ワイド、液晶パネルがIPSの非光沢(ノングレア)、解像度が3,840×2,160ドット、視野角が水平 / 垂直ともに178度、輝度が350cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1(ASCRオン時100,000,000:1)、応答速度が5ms(GTG)。

映像入力インタフェースはHDMI 2.0×4、DisplayPort×2(内1基はMiniDisplayPort)。3W+3WのスピーカーとUSB 3.0ハブポート5基を備える。スタンドのチルト角度は上20度〜下5度、スイーベル / ピボット / 高さ調節にも対応。本体サイズはW735×D240×H615mm、重量は約12.5kg。

(リアクション)