金ハンソル氏=(聯合ニュースTV)

写真拡大 (全2枚)

【ソウル聯合ニュース】マレーシアで殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、金ハンソル氏と家族を安全な場所に移動させたと主張した団体「千里馬民防衛」が、韓国の大統領選に出馬した候補らに公開質問を行ったことが19日確認された。

 千里馬民防衛はホームページに掲載した「大統領候補の皆様に要請します」というタイトルの文章で「南側の大統領選挙を前に心配している方々がいるので、大韓民国(大統領)候補の皆様に質問する」とし、「避難場所が必要な脱北者(北朝鮮脱出住民)一人一人を受け入れ、保護するか」と尋ねた。
 同団体は、「今回の(大統領)選挙に、この問題(脱北者救出)以外に南と北、すなわち朝鮮半島の未来を左右する多くの問題が絡んでいるということは分かっている」と前置きした後でこのような質問を行った。
 また、「過去に大統領によって脱北者政策が急速に変化するのを見た」とし、「このため、新たな政権では脱北者保護が保障されなければ、われわれの良心上そこ(韓国)に向かう人々を助けることができない」と説明した。
 続いて「多くの人が自由を望み、われわれの助けを待っている」とし、「メディアの報道を通して候補の皆様の立場(表明)を慎んで待っている」と伝えた。
 先月8日、同団体のホームページにハンソル氏の動画が掲載され、正男氏殺害事件から24日ぶりにハンソル氏と家族の無事が確認されていた。
ynhrm@yna.co.kr