インスタグラマ―によるPR投稿、2015年7月から2016年12の間に急増【THECOO調査】

写真拡大 (全2枚)

 THECOOは、Instagramにおけるスポンサード投稿数に関する調査を行った。その結果、2015年7月から2016年12月の間でスポンサード投稿数が急激に伸びていることが明らかになった。

 THECOOは、Instagramにおけるスポンサード投稿数に関する調査を行った。スポンサード投稿とは、多くのフォロワーを抱えて影響力を持つインスタグラマーに対して企業が広告を依頼し、インスタグラマーが行う投稿のこと。そうした投稿は、広告であることを明らかにするため、通常Instagram上でハッシュタグに「PR」や「提供」といった表記がされている。

 同社は、日本国内でInstagramを利用する公開アカウント約3,000について、「PR」「提供」などの表記があるスポンサード投稿かどうかを調査した。

 その結果、2015年度はスポンサード投稿が16件だったのに対し、2016年度は1,000件超に急増している。くわえて2016年後半は、四半期ごとに140%以上の成長が見てとれる。また、すべてのスポンサードポストを合算すると、延べ2,600万人フォロワーにリーチしていることがわかった。

MarkeZine編集部[著]