写真提供:マイナビニュース

写真拡大

昨今の「DIY女子」ブームにより、既製品をそのまま使うのではなく、ひと手間加えて「自分らしさを表現」する、そんな市場が広がっている。また、その作品をインスタグラムなどにアップロードすることで、ユーザー間の交流も盛んになっている。

文房具メーカーであるキングジムでは4月18日、女子向けの文房具ブランド「HITOTOKI(ヒトトキ)」を発表。同ブランドのコンセプトにマッチする既存製品6品と、同日発表したテーププリンター新版「こはるMP20」を加えた計7製品でスタートする。

キングジムといえばこれまで、「ファイル」や「テプラ」といったオフィスの情報整理用品や、ビジネスシーン向けのデジタルガジェットなどを開発してきた。一方、近年では新しいジャンルとして女性向けの文房具の開発にも力を入れており、すでに複数の製品を販売している。

これらの女性向け文房具の市場成長が見込まれることから、今回さらなる市場開拓とユーザーコミュニケーションの深化を図ることを目的に、新ブランドの立ち上げたを決定したという。

HITOTOKIは、「何気ない日々をもっと好きになる、そのきっかけとなる"ひととき"をつくりだせるような文房具を提供したい」をテーマに、いずれの製品も、「ほんのひとてま加えることで、暮らしが少し豊かになる商品」というコンセプトに基づいて開発している。

同社によると、近年の市場の動向として、「家事や食事などの日常の物事を丁寧に行う」、「モノはケアやメンテナンスをしながらできる限り長く使う」、「普段使うモノの選び方や空間のしつらえなど日常のディテールにこだわる」など、自分たちの日常生活のなかでの「モノ」や「コト」へこだわりを持つ傾向が強くなっているという。そういった中、カスタマイズ性が高い製品や、コレクター性がある文房具に注目が集まっている。

ラインアップは、筆箱や手帳に入れて持ち運べるマスキングテープ「KITTA(キッタ)」、手帳やノートに日常の暮らしの出来事を記録できるノリ付きメモ「暮らしのキロク」、透明なシートに印刷された枠線に合わせて、マスキングテープを切り貼りしてオリジナルシールが作れる「マスリエ」、シールやマスキングテープを整理・収納できるシール専用ファイル「オトナのシールコレクション」、女性向けのデザインや書体を多く搭載したラベルライター「ガーリー『テプラ』」、専用マスキングテープを使用してオリジナルの手帳用シールが作れる「スケジュールシールプリンター"ひより"」、そして今回発表したテーププリンター「"こはる"MP20」の7製品だ。

また、新発表のテーププリンター"こはる"MP20は、専用のマスキングテープやフィルムテープに好きな文字やイラストを印刷して、ラベルを作成できる手のひらサイズのプリンター。インテリア雑貨のような北欧風デザインのおうち型で、煙突に見立てたカットボタンや、窓の形の液晶画面やプリントボタン、ドアの形をした電源ボタンなど、細部まで遊び心のあるデザインにこだわっている。さらに、搭載している絵文字やイラスト、フレームなどのデザインにも北欧風のモチーフを取り入れている。

同社開発本部長の亀田登信氏は、「HITOTOKIの初年度売上は、約5億円を目指している。今後は、市場拡大に伴って、10億円を超えるブランドとして育てていきたい」とコメントした。また、新ブランド立ち上げに伴い、インスタグラム公式アカウントを開設。製品情報に加え、使用例や面白ネタまで幅広く投稿している予定だという。

矢野経済研究所の「文具・事務用品市場に関する調査」によると、国内の文具・事務用品の市場規模は、多少の伸び率はあるものの、ほぼ横ばいとなっている。

他社との大きな差別化が難しい市場だが、ターゲットを女性に絞ることにより、市場のさらなる拡大が狙えるだろう。また、インスタグラムを使うことで、ユーザーの投稿自体がブランドのPRになるほか、ユーザーの使用例を製品開発に活かせる狙いもある。今後も、女性向け文房具と同社HITOTOKIブランドに注目していきたい。

(山本明日美)