【ビルボード】D-LITE『D-Day』、3回目のチャートインで総合AL制覇

写真拡大

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”では、BIGBANGのボーカリスト・D-LITEのソロドームツアー開催記念ニューミニアルバム『D-Day』が3回目のチャートインで首位を獲得した。

 4月12日のCDリリースに先行して、3月28日からダウンロードがスタートしていた『D-Day』。初登場では10位に、その後52位まで順位を落としたが、今週はCDセールス1位のポイントが牽引する形でポイントを大幅に伸ばしてついにチャートを制した。

 3連覇を目指していた三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『THE JSB WORLD』は、ワンランクダウンの2位に。しかしCDセールス2位、ダウンロード9位、ルックアップ1位と各指標でポイントを稼いでおり、この作品は今回の集計でもさまざまな形で多くのユーザーに接触していることがわかる。

 洋楽作品でもっとも上位に入ったのは、5位の映画『ワイルド・スピード アイスブレイク』サウンドトラック。洋楽作品の特徴と言えるダンロードの強さを発揮してこの部門1位。映画の公開は4月28日からなので、映画の反響次第で『ラ・ラ・ランド』サウンドトラックのようにロングヒットも期待できる。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『D-Day』D-LITE(from BIGBANG)
2位『THE JSB WORLD』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
3位『UNITED SHADOWS』FTISLAND
4位『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits『LOVE, PEACE & FIRE』』Superfly
5位『ワイルド・スピード アイスブレイク』サウンドトラック
6位『Utopia』加藤ミリヤ
7位『メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン』ザ・チェインスモーカーズ
8位『アンコール』back number
9位『光源』Base Ball Bear
10位『ラ・ラ・ランド - オリジナル・サウンドトラック』