映画「銀魂」で坂田銀時を演じる小栗旬

 6人組ロックバンドのUVERworldが、小栗旬主演映画『銀魂』(7月14日公開)の主題歌「DECIDED」を書き下ろした。フロントマンのTAKUYA∞(Vo)は「銀魂の世界を盛り上げる起爆剤を提供できれば」とコメントしている。

 『銀魂』は、漫画家・空知英秋氏が週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載中の同名原作を実写化。天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人に支配された江戸を舞台に、主人公・坂田銀時と偶然出会った志村新八と神楽が営む万事屋(よろずや)の周りで起こる様々な事件が描かれる。

 俳優の小栗旬が主人公・坂田銀時を演じ、志村新八を菅田将暉、神楽を橋本環奈がそれぞれ演じる。脚本・監督を務めるのは、テレビ東京系ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズを手掛けた福田雄一氏が担当。

映画主題歌を担当するUVERworld

 『銀魂』の主題歌に新曲「DECIDED」が起用されることについて、TAKUYA∞は「豪華キャストとスタッフ、世界的な人気漫画の実写化いうことで制作発表からすでに大きな話題になっていた作品に、まさかUVERworldが関われるとは思ってもいませんでした」と驚いた様子。

 さらに「笑いあり、アクションあり、感動ありの銀魂の世界を盛り上げる起爆剤を提供できればという思いで作りました。最後の一瞬まで侍達の生きる姿を見逃さず映画を楽しんでください」と楽曲に込めた熱い想いをコメントしている。

 なお、2月10日に実写映画『銀魂』の公式Twitterのフォロワー数は25万人を突破し、解禁となった特報は1日で再生回数150万回を突破している。