マッドキャッツ(株)(TSR企業コード:298693313、法人番号:3010901028482、世田谷区用賀4−29−3、設立平成23年5月、資本金950万円、代表取締役:松浦武敏氏ほか2名)は4月12日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には福山靖子弁護士(スプリング法律事務所、新宿区左門町3−1、電話03−3352−8500)が選任された。
 負債は現在調査中。

 世界的なゲーム周辺機器メーカーのMad Catz Interactive, Inc.(以下、Mad社)の日本法人。アーケードファイトスティックやコントローラー、ゲーミングマウス、キーボード、ヘッドセットなどのゲーム付属品を取扱い、全国の電気店やゲーム販売店に販路を築いていた。しかし、親会社のMad社が平成29年3月30日(現地時間)、米国の連邦破産法第7章(日本における破産法に相当)を申請し清算手続きに入ったため、当社は破産により処理することとなった。
 なお、従来のMad社の製品サポート受付は、(株)アタッサ(TSR企業コード:298634961、法人番号:9010901028122、同所、設立平成23年3月、資本金950万円、松浦武敏社長)が引き継いでいる。