主演のエマ・ワトソンが着用したベルのドレス/(C)Disney

写真拡大

4月21日(金)にディズニー実写映画「美女と野獣」が公開されることを記念し、「『美女と野獣』の世界展 at GINZA MITSUKOSHI」が、銀座三越にて4月19日(水)から5月9日(火)まで開催される。

【写真を見る】大人の女性に向けたグッズが充実!ベルと野獣、ポット夫人とチップが表裏に描かれたバッグ(4536円)/(C)Disney

同イベントでは、映画で実際に使用された衣装や小道具を会場に展示。なかでも1番の見どころは、撮影で着用されたベルと野獣の衣装だ。黄金に輝くベルのエレガントなドレスはもちろんのこと、きらびやかで気品に満ちた、野獣の衣装も間近で見ることができる。

さらに、給仕長のルミエールと執事のコグスワースも会場に登場!これらもベルと野獣の衣装同様に、撮影で使用されたものだという。

なお、会場に併設された物販コーナーには、実写映画のアイテム50点を含む、合計300点の「美女と野獣」グッズが勢ぞろい。銀座のイメージに合わせ、大人の女性に向けたアイテムを中心にセレクトしているそうだ。上品かつロマンチックなデザインの傘やバッグ、食器などが多数そろい、目移りしてしまうラインアップ!

主題歌「美女と野獣」が流れる中、映画の世界観に浸り、ショッピングも満喫してみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

※衣裳展示は5月1日(月)まで。5月2日(火)以降は、映画の主人公たちが表情やポーズを変える“モーションポスター”によるフォトスポットが登場