PRISTIN、地方サイン会へ向かう道中に密着…サービスエリアで見せた“子供のような姿”(動画あり)

写真拡大

ガールズグループPRISTINが「HICAM」の第4弾の映像を公開した。

18日、PRISTINは公式YouTubeチャンネルを通じてPRISTINの密着カメラ「HICAM」シーズン2の第4弾の映像を公開し、PRISTINならではのユニークな魅力を見せた。

公開された映像では、4月1日のエイプリルフールに行われた大田(テジョン) と大邱(テグ) のファンサイン会に向かうPRISTINの姿が収められている。大型バスに乗って登場したメンバーたちは、最初の地方ファンサイン会開催に興奮している様子だ。

続いてメンバーたちは地方に移動中サービスエリアに寄り、想像以上のモクバン(食べる放送) を公開し、見る人々を楽しませた。彼女たちは、サービスエリアの食料をあさりまくる様子を見せた。アイスクリームからホットク(生地の中に黒砂糖とシナモンの蜜を詰め油を敷いた鉄板の上で焼いたお菓子) やトッコッチ(細長い餅を串に刺して揚げ甘辛いソースを塗ったお菓子) などのおやつの前で、子供のような姿を見せたり、悲壮美まで感じさせる姿を見せ、笑いを誘った。

映像では食べているメンバーだけでなく、サービスエリアを散歩するメンバーもいたが、食べているメンバーとはまた違った魅力で注目を集めた。特にストレッチをする姿を見せてくれたソンヨンは、デビューアルバムのタイトル曲「WEE WOO」のポイント“翼ダンス”で伸びをする姿を見せ、タイトル曲の宣伝までしてみせた。

「HICAM」の本編映像はもちろん、最後に公開された次の話の予告編公開まで、今回の映像は公開直後からファンの話題を集めている。

PRISTINはデビューアルバムのタイトル曲「WEE WOO」で活発に放送活動中だ。