「キスして幽霊!〜Bring it on, Ghost〜」クォン・ユル“2PM テギョンはとにかく運動神経がいいのでアクションシーンがとても上手”

写真拡大 (全4枚)

アーティストとしても、俳優としても日本でも高い人気を誇る2PM テギョンの主演ドラマ「キスして幽霊!〜Bring it on, Ghost〜」DVDが好評リリース中! DVDリリースを記念して、本作で謎に満ちたチュ・ヘソン教授を演じたクォン・ユルからインタビューが到着した。

クォン・ユルが演じたチュ・ヘソン教授は、2PM テギョン演じる 幽霊が見える青年とキム・ソヒョン演じる女子高生に深く関わっていく重要な人物……。今回、本作の見どころや難しかったと語るチュ・ヘソン教授役、そしてプライベートについて、たっぷりと語ってくれた。

――「キスして幽霊!」に出演が決まった時の感想はいかがでしたか?

クォン・ユル:初めて台本を読んだ時はうれしく思いました。それは今までやってこなかった初めてのジャンルやキャラクターに挑戦できるからです。そしてこのような機会が与えられたことに感謝し、挑戦してみたいというやる気も湧いてきました。それに『ゴハン行こうよ』でご一緒したパク・ジュンファ監督の作品だったので、また一緒にお仕事ができることを、とてもありがたく、撮影がとても楽しみでした。

――最初に台本を読んだ時の感想は?

クォン・ユル:難しいと思いましたね。できるか不安でした。最近の視聴者は作品を観る目が肥えていますから、悪霊退治をテーマにした今回のようなドラマが、果たして不特定多数の大衆に受け入れられるだろうか? そんな心配もありました。でも、何とかして視聴者にリアリティーを感じてもらいたい、そう思ったのです。視聴者にメッセージを投げかけたいとも思いました。単なる娯楽としてこの作品を観る人にも、スリルを求めて観る人にも、何らかの楽しみを与えたいと思いました。バカバカしいと一蹴される作品ではなくメッセージを伝えられる作品にしたいと、そう思いました。
 

「悪霊に取り憑かれるのか、それとも自分で呼び寄せるのか…」

――悪霊に取り憑かれる難しい役ですが、役作りのためにどのような準備を?

クォン・ユル:とにかくパク監督を信じて、どんなふうに悪霊を演じてみせるか何度も監督と話し合いました。取り憑かれるのか、それとも自分で呼び寄せるのか、色々なパターンを想定しました。特にドラマの序盤ではそのあたりに苦労しました。普段は温厚な人物が特殊な状況になると一瞬だけ悪霊の姿を見せるというインパクトのあるシーンが多かったからです。表情や動き、口調や視線の角度にいたるまで様々なことを、撮影しながら監督と話し合ってキャラクターを作り上げていきました。そしてチュ・ヘソンの、悪霊のおぞましさがドラマを観ている人に少しずつ伝わるようにしていったのです。だからキャラクターが固まるまでは監督と一緒になって、今度はうつむき加減でやってみようとか、カメラ目線にしてとか、上を見てとか、あごを引いて目は半開きにしてとか、ドラマの前半では悪霊に取り憑かれた時のイメージを1つ1つ作り上げていきました。こうして後半につなげていきました。後半では悪霊がヘソンに取り憑いた経緯が出てきます。キャラクターが固まってからは台本に合わせて演じていきました。

――演じたチュ・ヘソンについて紹介してください。

クォン・ユル:チュ・ヘソンは獣医で、主人公ボンパル(2PM テギョン) が通う大学の獣医学科教授です。最年少で教授になった秀才。普段の彼は優しくて学生の間でも人気者で親切な人物です。ですがもう一つの裏の姿はミステリアスで怪しい雰囲気を持った人物です。その怪しさの正体が明らかになる過程をドラマでは楽しんでください。

――クォン・ユルさんはチュ・ヘソンという人物をどう解釈しましたか?

クォン・ユル:チュ・ヘソンという人物は、この社会におけるある種の被害者だと思います。彼は家庭内暴力に苦しんでいました。子供の頃に父親から虐待を受けたトラウマがあるのです。そんな彼に思いがけない事件が起きました。守ってくれると信じていた母親が彼のことを警戒し始めたのです。彼はやむを得ず悪霊とともに生きる道を選んでしまいました。誤った道を選択した彼は、たくさんの人の命を容赦なく奪っていきました。そして恨まれる存在になりました。でもヘソン自身も悪霊に支配されている存在だったのです。一瞬の判断ミスが悲劇を招いてしまったのです。だからヘソンは被害者であり、最も気の毒な登場人物だと思います。

――チュ・ヘソンを演じるにあたり最も気をつかった点は?

クォン・ユル:今まで見せたことのない恐ろしい顔を見せなければいけなかったことです。いかにインパクトのある効果的な演技ができるか常に考えながら最も恐ろしい場面になるよう努力しました。他の幽霊たちはあっと驚くような怖さですが、チュ・ヘソンの怖さは違います。得体の知れない陰気で怪しげな気配がジワジワと迫ってくるそんな雰囲気を出したかったんです。そのためにいろいろ工夫しました。演技の仕方や外見などさまざまな方法を監督と話し合いながらチュ・ヘソンという人物を作り上げていきました。

――チュ・ヘソンは残酷なキャラクターですが、演じるうえでストレスはありましたか?

クォン・ユル:ストレスというよりはうまく演じられるかどうかという心配はありました。でも、監督を信じて現場で話し合って役作りをしていけばきっとうまくいく、ちゃんと演じられるという自信が次第に湧いてきました。そして撮影が始まりました。監督の指示に従って演じた結果、僕なりにヘソンを表現できたのではないかと思います。

――実際にできあがった映像をモニタリングした感想は?

クォン・ユル:そうですね。自分の演技に100%満足できたと自信を持って言える俳優は少ないと思います。でも今回は今までの僕とは違う演技、クォン・ユルの新たな一面をみなさんにお見せできました。可能性をアピールできてとても満足しています。

――今回、特殊メークもして演じられましたが、いかがでしたか?

クォン・ユル:実は特殊メークは最後の格闘シーンだけでした。悪霊の顔になるためにメークしたのですが、思ったより時間がかかりました。出来上がりは想像以上に怖かったです。コンタクトレンズを入れて血まみれの姿になりました。今回メークをしてもらって、メークの技術がいかに進んでいるかを実感しました。

――メークに要した時間はどれぐらいでしたか?

クォン・ユル:放送されるのはせいぜい15秒程度なのに、メークには1時間半ぐらいかかりました。メイクを落とすのにも時間がかかるので、特殊メークのシーンはすべて最後に撮影しました。そのまま帰ったらマンションの警備員さんが驚くので、メークは撮影現場で落としました。普通のメークなら家に帰って落とすこともあるのですが、警備員さんを驚かせないためにしっかり落としてから帰りました。獣医役なので動物との撮影もありましたね。
 

「テギョンさんとの格闘シーン楽しんで撮影することができた」

――動物との共演について、大変だったことはありませんでしたか?

クォン・ユル:きちんと訓練されている動物ばかりだったので、撮影はスムーズでした。でも撮影が予定より長引くと、動物たちも長く待つことになります。動物も人間と同じで疲れてくるとイライラして指示に従わなくなって撮影に影響が出ることもありました。ですが相手は動物です。演じてくれるだけでありがたいと思っていました。ですので、この点を不満には思ってはいません。

――ボンパル役を演じたテギョンさんと共演してみていかがでしたが?

クォン・ユル:ご存じのとおりテギョンさんは有名な歌手でアイドルですよね。だから最初に会った時はパワフルな人だと思いました。彼はいつも礼儀正しくて明るさに満ちあふれた青年です。だから現場で会うと幸せな気分になれました。

――撮影中のエピソードがあれば聞かせてください。

クォン・ユル:終盤ではボンパルとの格闘シーンが多いのですが、とにかく彼は運動神経がいいのでアクションシーンがとても上手でした。だからかなりアクションシーンがあったのですが、僕たちは互いにケガひとつせず迫力あるアクションシーンを楽しんで撮影することができました。

――ヒョンジ役を演じたキム・ソヒョンと共演してみていかがでしたか?

クォン・ユル:ソヒョンさんは子役時代から活躍してきた女優です。一番驚いたのは彼女の賢さでした。どんな賢さかというと、あるシーンを撮影しようとする時、どのような雰囲気でどのような演技をすべきか、何を伝えるべきかを正確に把握しているということです。僕より年下ですが彼女の賢さのおかげで、意思の疎通がスムーズで頼りがいがありました。さすがベテランだと思いました。

――お気に入りのシーンがあれば教えてください。

クォン・ユル:チュ・ヘソンの正体が完全に明らかになる場面。悪霊に取り憑かれているとヘソンが自ら認めるシーンです。それからミョンチョル和尚を葬儀場の駐車場で車に叩きつけるシーンです。あのシーンが一番ヘソンの感情がほとばしっていて爆発力があったと思います。

――それ以外でおすすめのシーンはありますか?

クォン・ユル:そうですね。どのシーンもよかったのですが格闘シーン。物語の終盤、下水処理場で戦うシーンはおすすめです。最終回に近い部分ですから印象的ですよね。あのシーンでヘソンの体から悪霊が去ります。それから最終話でヘソンが警察に行き罪を認めて深く反省し、その後、母親に歩み寄るシーンがあるのですが、そのシーンはチュ・ヘソンという人物をよく描写していると思います。悪霊が去った後、ヘソンがどのように母親に歩み寄るのか、短いシーンですが、チュ・ヘソンの真の姿が描かれているシーンですので、見逃さないで見ていただきたいです。

――撮影中大変だったことや楽しかったこと、記憶に残っているシーンはありますか?

クォン・ユル:まず大変だったことは夏の暑さですね。夏の間はずっと撮影だったので猛暑との戦いでした。記憶の残っているシーンと言えばやはり下水処理場でのシーンです。そのシーンの撮影には約30時間かかりました。蒸し風呂のような暑さの中、外にも出られず感情表現を交えたアクションの連続でした。肉体的には大変でしたが楽しく演じられました。過酷でしたが演じる楽しさを味わうことができたそんな撮影現場でした。

――チュ・ヘソン役を通して伝えたかったことはありますか?

クォン・ユル:僕はチュ・ヘソンもまた、他者に無関心な社会の中で傷ついた被害者だということを伝えたかったのですね。悪霊に取り憑かれた彼が、突然正気に返って謝るだけというのは嫌でした。ヘソンはなぜ悪霊に取り憑かれてしまったのか、他者に無関心な現代社会が彼に誤った選択をさせたのです。その部分を皆さんにお伝えしたいと思いました。一瞬の過ちが、ある人の人生にどれほど深い悲しみを残すかということを見せたかったです。

「僕自身はとても楽天的…とにかく家にいることが好き」

――チュ・ヘソン役では、ミステリアスで怪しい姿を見せましたが、クォン・ユルさんの実際の性格はいかがですか?

クォン・ユル:僕自身はとても楽天的で明るい性格です。常に周囲の人々と楽しく過ごしています。

――趣味はありますか? お休みの日は何をしていますか?

クォン・ユル:家の掃除をすることです。家にいるのが好きなんです。音楽を聴いたり読書したり、ゲームもします。とにかく家が好きで足湯もしますよ。

――芸能界で親しい友人の方はいますか?

クォン・ユル:ユン・ゲサンさんやイ・ジェフンさんチョ・ジヌン先輩です。どうしても同じ事務所の人になりがちですね。

――それでは、クォン・ユルさんの今後の目標を教えてください。

クォン・ユル:今後の目標はいい作品に巡り合うことです。これは俳優としての永遠の目標です。演じる楽しみを味わえる役柄を演じたいです。うまくできるかより楽しみながら学びたいのです。現地点にとどまらず常に伸びていきたいですね。小川が流れて、いつか海になるように常に流れながらいい俳優になりたいです。それが目標です。

――目標とする俳優はいますか?

クォン・ユル:目標とする方はたくさんいて1人を選ぶのは難しいので、今一番好きな俳優を挙げますね。同じ事務所の先輩ですがチョ・ジヌンさんです。常にいろいろな顔を見せてくれる俳優です。画一的な演技にならずエネルギッシュに演じるジヌンさんを尊敬し手本にしています。
 

「悪霊を演じて、今後の俳優人生において大きな自信になりました」

――『キスして幽霊!』はクォン・ユルさんにとってどのよう作品ですか?

クォン・ユル:自分の作品を評価するのは照れ臭いですね。悪霊を演じた姿を見てもらいたいです。今回のようなファンタジードラマで、うまく演じられるか最初は不安でした。でも俳優としての可能性をお見せできたという点で、意味のある作品でした。ヘソンを演じ切れたことは今後の俳優人生において大きな自信になりました。演じる前に不安があったとしても勇気を持って挑戦すればうまくいく、そう教えてくれた作品です。俳優として重要なターニングポイントになったと言える作品ではないかと思います。

――最後に日本の皆さんへメッセージをお願いします。

クォン・ユル:僕は子供の時からホラー映画といえば日本の映画を思い浮かべます。今まで見たホラー映画のベスト5にも日本の映画が入っています。この「キスして幽霊!」はホラー映画に慣れている日本の皆さんにもご満足いただける作品だと思っています。怖いシーンだけでなくラブストーリーや人間ドラマも楽しんでいただける魅力あふれるドラマです。もしホラー作品に慣れていない場合は、少しだけ驚く覚悟さえしていただければ、十分に楽しめる魅力あふれる作品です。「キスして幽霊!」はとても楽しいドラマです。幸せな時間をお過ごしください。チュ・ヘソン役のクォン・ユルでした。

■作品情報
「キスして幽霊!〜Bring it on, Ghost〜」

DVD SET1&SET2 好評発売中
※レンタルDVD Vol.1〜13 リリース中

価格:¥15,200+税
発売・販売:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

公式サイト:http://kandera.jp/sp/kissyurei/