(C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

写真拡大

 7月29日に公開される満島ひかり主演映画『海辺の生と死』より、場面写真が一挙公開された。

参考:『海辺の生と死』場面写真一覧

 本作は、作家・島尾敏雄の『島の果て』と、妻・島尾ミホの『海辺の生と死』の2作品を基にした夫婦愛の物語。太平洋戦争末期、奄美島群・加計呂麻島にて、国民学校教員として働く大平トエと、新しく駐屯してきた海軍特攻艇隊長・朔中尉の出会いから、2人が結ばれる過程を描く。大平トエ役の満島、朔中尉役の永山絢斗のほか、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種が共演に名を連ね、『アレノ』の越川道夫が監督と脚本を務めた。

 撮影は、2015年に奄美大島、加計呂麻島オールロケーション、すべてロケセットで行われ、主要キャスト以外は子供たちを含め地元住民の協力の下で行われた。公開された場面写真では、島の空気感や、様々な表情を見せる満島と永山の姿が映し出されている。(リアルサウンド編集部)