東方神起のフィルムコンサート 横浜アリーナ超満員!

写真拡大

東方神起のフィルムコンサート 横浜アリーナ超満員!

【画像】東方神起のフィルムコンサートの写真を一覧で見る

韓国出身の超人気男性デュオ・東方神起の2度目となるフィルムコンサート東方神起 TOHOSHINKI FILM CONCERT 2017 〜TILL 2〜が開催中だ。全国アリーナ5か所18公演で約13万人を動員するという、フィルムコンサートとしては最大規模のアリーナツアーということでも話題を呼んでいる中、“フィルム=映像のコンサート”ということを忘れてしまうほど大盛り上がりだった4月18日の横浜アリーナ公演をレポートしよう。

同ツアーの見どころのひとつとして、コンサートの本編前にライブ関係者が登壇し、ユンホとチャンミンとの思い出エピソードを公開する時間が設けられている。

この日(昼のみ)は、これまでツアー演出を手掛けてきたTRFのSAMが登場し、「2人の成長がすごかった。特にチャンミンのダンスがどんどんうまくなって、セットリストにダンス曲が増えていきました。ユンホに関しては隣同士の立ち位置でも徐々にセンターに立ってしまう“センター病”というのがあって、チャンミンが斜め後ろに下がることもありました。天性のスターですね」と過去のライブを振り返り、笑いを誘った。

また、TOHOダンサーズやバンドも登場。兵役のためグループでの活動を休止する前に行われた最後のツアー『WITH』(’15)から参加したというダンサーのKODAIは、「すでに(ライブチームが)出来上がったところに振付を覚えてすぐに入ることになりました。ユンホさんが僕の前に座って、真剣な表情で僕のダンスを見てくださったときがあって、色々と指摘していただいた中で、“ダンサーだけどアーティストだよ”という言葉がすごく響きました」とユンホの熱い思いが伝わるエピソードを披露。チャンミンについても「ふとやってきて、肩を揉んだりして緊張を和ませてくれるんです」と続け、裏話に花を咲かせた。

左からバンドの柿崎 洋一郎さん、ダンサーのRuiさん、KODAIさん、演出SAMさん

会場が温まったところで、いよいよ本編がスタート。照明や、レーザーを使った(リアルな)ライブ会場さながらの演出に、Bigeast(ビギスト=東方神起の日本のファンの総称)も「T」の形の赤いペンライトを振り、曲に合わせて自然と「東方神起!」という掛け声が起こる。映像の中でユンホが「もっと楽しもうぜ!」と煽り、チャンミンのウィンクが映し出されると「キャー!!」と黄色い悲鳴のような大歓声が上がった。

『Humanoids』『DUET』など、ダンスナンバーとバラードが絶妙なバランスで組み込まれていて、ライブ時には夢中になり過ぎて気づけなかったかもしれないユンホとチャンミンの表情をたっぷりと堪能することができる上、『TONE』(’12)から『WITH』(’15)まで4年間のライブツアーからセットリストを構成しているのも大きなポイント。2人の成長がぎゅっと凝縮されていて、コンサート中に『TONE』のステージが流れると、会場からは懐かしむ声も聞こえた。

そして、大きなポイントは、今回のためだけに撮影されたMC。「元気でしたか?」(ユンホ)、「離れていても皆さんに会えてうれしいです」(チャンミン)と挨拶するふたり。チャンミンは、「’15年のツアーで懐かしい曲を歌ったけれど、まだ残っているじゃないですか。早く皆さんの前で直接歌いたいです」と、ビギストとの再会に期待を寄せた。ユンホの「引き続きお楽しみください」を何度も噛んでしまうというお茶目な姿も惜しみなく上映されていて、ふたりの活動を待ちわびているファンはさらに会いたい気持ちが倍増したことだろう。

TBがトロッコに!

また、MC同様、新しくお披露目された『時ヲ止メテ』では、フィルムコンサート会場と映像を合成することで、ユンホとチャンミンが目の前にいるような臨場感と、しっとりとした美声が会場を包みこんだ。その後は、アップテンポなメドレーで再び会場の熱を上げていく。ファンにはおなじみのキャラクター・TB(ティービー)がトロッコに乗り、ライブを再現するようにサインボールを投げるファンサービスも飛び出し、会場の熱気は最高潮へ達した。

今回のツアーは、各年のラスト曲からその日のラスト曲をファンの多数決で決める“参加型”システム。この日は『TIME』で披露された『In Our Time』が選ばれ、最後は一体となって合唱をしながらコンサートは幕を閉じた。

アリーナ規模でのフィルムコンサートにも関わらず、引き込まれるような臨場感を感じることができるのは、全ツアー、全ステージに全力で取り組む東方神起の努力の賜物であり、終演後に会場を包んだファンの大きな拍手がそれを物語っていた。衣装、演出、すべてがパワフルかつ華やかな最高のパフォーマンスが、フィルムコンサートの枠を超越した空間を生み出していた。

「この映像を見たら、僕はもう戻る準備をするんじゃないかなと思うんですね。また会える日まで元気な姿で待ってください。すぐ行く」(ユンホ)

「もうすぐ東方神起は皆さんのところに行きますので、もうちょっとだけ待ってください」(チャンミン)

エンドロールで、こうメッセージを送ったユンホとチャンミン。約2年間待ちわびた“王者”東方神起の帰還を予感させるフィルムコンサートとなった。