2016年に日産が作成した「これが、日本の職人技。」という映像。

Youtubeで閲覧できることから「日本の効率は異常」だと、今になって海外掲示板で話題を集めていました。

 

Japanese Efficiency

[動画を見る]
THE PROFESSIONAL OF JAPAN | NISSAN CARAVAN - YouTube


さまざまな日本の職場で働くプロフェッショナル達。


丸太を降ろすトラック。


コマを削り出す職人。

[画像を見る]
シンクロする窓拭き。

[画像を見る]
多段積み上げで運ぶ女性。

日本人から見てもスゴ技ばかりで、これを標準と思われても困るところですが、見事な職人芸だと感心の声が上がっていました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●自分は日本では絶対に「今月の従業員賞」は取れないな。

↑自分なら絶対に日本人にはなれない。

↑自分はどんどん日本人になってきていると思う。本当にそう思う。

●これは効率ではない、精密さだ。どっちにしてもすごいんだ。だが効率を見せているのは丸太を下ろしているものである。

↑短時間で量の多い仕事をこなせることを効率という。そして全部にそれがあった。

↑違うよ。交通整備をしているのは派手だけど、非効率だったよ。

↑短期的な効率は長期的な損失につながることもある。トラックはそんなことをするようには作られてはいない。

●5人でくい打ち:5ビートをキープできる人々がいるなんて思わなかった。

●くい打ちのは、日本の餅つきを思い出す。リズミカルな調和と正確性を必要とする。

●この火のやつは何をしているの?
[画像を見る]

↑水で火を消しているんだと思う。

●メキシコ人だけど、最後のやつは工事現場であるよ。同じようにシャベルでコンクリートを投げるように言われた。誰かの顔にぶつけるのではないかとひやひやしたが、毎回彼らはちゃんと受ける。
[画像を見る]

●日本の振り付けだな。

●交通整備がすばらしい。

●これは日産キャラバンの広告だね。

●効率というより、まさに職人。


どんな職業でも極めれば、尊敬の対象となるのかもしれません。

このくらい仕事ができたら気持ちいいでしょうね。

【外国人「日本の効率は異常だと思う…」職人の仕事っぷりに感心の声】を全て見る