ドラマ「おひとりさま〜一人酒男女〜」新人プロデューサーの自殺に対し、CJ E&M側がコメント

写真拡大

CJ E&M側が故イ・ハンビップロデューサーに対してコメントした。

18日午後、CJ E&M側は公式報道資料を通じて「残念ながらこの世を去ったイ・ハンビッさんに対し、大きな悲しみを表します。また、どんな言葉でも表せない遺族の痛みにも深く哀悼します」と伝えた。

また「死亡に対する警察の調査以降、これまで遺族と原因究明の手続きと方式について協議してきましたが、本日のような状況になり、とても残念に思います」とし「当社及び役職員たちは、警察や公的な関連機関が調査を始める場合は積極的に応じ、調査の結果を受け入れ、指摘された問題について改善案を設けるなど責任をとります」と付け加えた。

他にもCJ E&M側は「改めて、残念な出来事で悲しんでいる遺族を哀悼し、CJ E&MやtvNに関心を持っているみなさんにお詫び申し上げます」と繰り返し謝罪した。

故イ・ハンビップロデューサーは昨年1月にCJ E&Mに入社した後、tvNドラマ「おひとりさま〜一人酒男女〜」チームに配属された。「おひとりさま〜一人酒男女〜」の最後の撮影日だと知られている同年10月21日に失踪し、26日に自殺した状態で発見された。

同日、遺族は「おひとりさま〜一人酒男女〜」新人助演出死亡事件対策委員会の記者懇談会を開催し、CJ E&Mの公式の謝罪と再発防止策を求めた。

韓国でも…人気ドラマ「おひとりさま〜一人酒男女〜」新人プロデューサーの自殺「パワハラと過労」遺族が涙の訴え

【公式コメント全文】

残念ながらこの世を去ったイ・ハンビッさんに対し、大きな悲しみを表します。また、どんな言葉でも表せない遺族の痛みも深く哀悼します。

死亡に対する警察の調査以降、これまで遺族と原因究明の手続きと方式について協議してきましたが、本日のような状況になり、とても残念に思います。

当社及び役職員たちは、警察や公的な関連機関が調査を始める場合は積極的に応じ、調査の結果を受け入れ、指摘された問題について改善案を設けるなど責任をとります。

改めて、残念な出来事で悲しんでいる遺族を哀悼し、CJ E&MやtvNに関心を持っているみなさんにお詫び申し上げます。