CRAYON POP、4人がすでに契約満了…「解散については5月に再び話し合う」

写真拡大

ガールズグループCRAYON POP側が「グループ解散ではない」と強調した。

Chromeエンターテインメントの関係者は本日(19日)、OSENに「ウェイを除いたエリン、ソユル、グンミ、チョアとの専属契約が3月に終了したことは事実だ。だが、まだウェイとの契約期間が残っている」と明らかにした。

この関係者は「ウェイの契約期間が終了した後、メンバーたちと今後について話すことにした。メンバーたちの事務所移籍問題は聞いたことがない。だが、CRAYON POPというグループをなくすつもりはない。解散については、契約期間が終了する5月に再び話し合うだろう」と説明した。

2012年にデビューしたCRAYON POPは、2013年に発売した「パパパ」でヒットを記録した。その後ユニット活動を始め、9月に1stフルアルバムを発売し、「Doo Doom Chit」を引っさげて活動した。