第3弾もノリノリでよろしく!

写真拡大

 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第1&2作を手がけてきたジェームズ・ガン監督が、第3作も続投することが決定した。

 クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタらが出演する本シリーズは、宇宙一不運なトレジャーハンターのピーター・クイル(プラット)と刑務所で偶然出会った無法者たちが、銀河の危機を救うため戦う姿を描いたアクションアドベンチャーで、第2作は新たにカート・ラッセルとシルベスター・スタローンが参戦している。

 第2作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」の全米公開を5月5日に控えるガン監督は自身のフェイスブックで、アメリカでのプレスツアーに先駆けて記者たちの質問を予測し、最も聞かれるであろう第3作についてまず最初にファンたちに報告したいと、引き続き監督・脚本を務めることを正式に発表した。

 また、カート・ラッセルやシルベスター・スタローンとの仕事についても聞かれることを推測し、幼い頃に裏庭でスネーク・プリスキンやジョン・ランボーのふりをして遊んでいた自分としては、身の引き締まる思いとともに胸がいっぱいになったと告白。そして、第3作は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(原題)」の後を描く設定で、マーベルの新旧キャラクターを10年先まで送り出すような作品になるだろうと明かした。

 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」は5月12日日本公開。