男の本音が丸わかり!「男とは」「女とは」が胸に刺さる男子高校生の名言6選

写真拡大

最近、話題のトーキングラブコメこと『僕と君の大切な話』(ろびこ/講談社)をご存知でしょうか?

美人だけどちょっとストーカー気質の女子・相沢さんと、ツンデレ眼鏡男子の東くんが駅のベンチや学校の中庭で、ひたすら語り合うというマンガです。

◆恋愛にまつわる名言テンコ盛り


男女の噛み合わない会話が延々と続くのですが、東くんが語る「男とは…」「女とは…」という分析がなかなか鋭く、女子が読むと「そうだったのか!」「なるほど」と勉強になる要素がたくさん盛り込まれています。
そんな東くんの名言を解説と共に紹介していきますね。

◆東くんの名言1


『自分から言いよるのは女として愚策の極みだ』



東くんは趣味のカード収集の話を例に語るのですが、相沢さんに「わからないわ」と言われ、「要は男は達成感が好きな生き物だから差し出されたものには満足しないってことだよ」と“なるほど”な補足をします。

よく男性には狩猟本能があると言いますが、ここでも同じことを伝えている様子。現在増殖中の草食男子は「むしろ女子に追われたがる」なんて説もあるけど、男性はやっぱり、本質的には獲物を追いかけ、捕らえたいと思っているのかもしれません。

◆東くんの名言2


『女は自分に甘い!』



相沢さんの「人は恋をすると弱くなるの……?」という問いへの答えとして、「女は自分に甘い」と持論を展開する東くん。

「なぜやせたいと言いながら菓子を食う」「“ごめんね〜”と言いながら長話をする」などの例を挙げ、「はっきり言って僕は自制的な女というものを見たことがない」と女子を一刀両断します。
女子にとってはかなり耳の痛い言葉ですが、実は多くの男性の本音なのかも。

◆東くんの名言3


『やっぱり僕と君ら女性とは同じ星の人間とは思えない』



こう思っている男性は少なくないだろうな、と感じる、東くんの名言中の名言。このくだりはかなりの名シーンなので、興味がある人は、ぜひマンガを読んでみてください。

◆東くんの名言4


『男の行動を監査し値踏みし倒し、人格まで否定する気だろう!』



心の叫びのようなこの発言に、共感する男子は多いかも。さらに「しまいには女同士情報を持ちよって言いたい放題だ」と叫ぶ東くん。

これは“女子あるある”なので、なんとも言えませんが、できるだけ男性に悟られないようにやりたいものですね。

◆東くんの名言5


『そーらきた!! なぜ君たち女は男を試す!!』



これも“女子あるある”なので、気をつけたいところ。続けて東くんは「これじゃ付き合っている限り男はロープ1本で綱渡りをさせられているようなものだ!!」と叫び「ミスしたら終わりか!?」とも言います。
気持ちを隠すべきか、それとも「女子は男を試したい生き物」と開き直るべきか…。

◆東くんの名言6


『“味しいもの」と◆嵶行の場所」と「濃すぎないロマンチック」があればいいんだろう!!』



クラスの女子に責めたてられ、デートの真髄を語る東くん。これがなかなかツボを押さえています。その真髄を知りながら、なぜ男が行動に出ようとしないのか?までも語っていますよ! 

◆終わりに


東くんは女子と付き合ったことすらない変わり者の男子高校生ですが、その独自の理論と屁理屈で男性の本音を明快に語っています。

男子の気持ちがわからない、男女の温度差に戸惑う、男女がすれ違うのはなぜ?とお悩みの女性は、ぜひチェックしてみましょう。

東くんと相沢さん以外にも個性的なキャラが出てきて面白いし、二人の掛け合いにニヤニヤしたり、ハッとさせられたり…いろいろ考えさせられますよ。

ライタープロフィール


天野りり子
ライター/編集者
大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。
趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。