写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電気自動車(EV)メーカーのGLMは、日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産をめざす「G4」を日本で初披露し、価格・販売計画などを発表した。「G4」は540PS相当のパワーを発揮する電気モーターを搭載し、航続距離は400kmを達成している。

「G4」は日本初のEVスーパーカーとしてGLMが開発した。2ドアクーペのフォルムでありながら、4ドアの4人乗りとしている点が大きな特徴。4枚のドアの前2枚は前に跳ね上がり、後ろ2枚は後ろに跳ね上がる独特の構造で、スーパーカーらしいフォルムと大人4人がくつろげる居住性を両立した。

モーターは車体の前後に2機搭載し、合計の最高出力は540PS相当、最大トルクは1,000Nmを発揮する。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は250km/hに達する。同時に、欧州の試験モードであるNEDCで400kmの航続距離も実現した。

量産化は2019年を予定しており、急ピッチで開発が行われている。京都の自社研究開発拠点で重要部品の搭載の検討を始め、年内には試作車での走行テストを行う予定だ。「G4」専用のパワートレイン(モーター、バッテリー、車両制御ユニットなど)や最先端の電子制御装置の開発は協力会社と共同で進められている。「G4」の世界展開も視野に入れており、国内はもとより欧州や香港、中東、中国での販売を計画している。

「G4」の想定価格は4,000万円、販売台数1,000台を予定している。GLMは同モデルだけで400億円程度の売上をめざし、今後も事業を展開する。

(山津正明)