北朝鮮の豊渓里の核実験場を撮影した衛星画像、北側の坑道入り口付近にトレーラーのような車両が駐車されているのが確認できる。米韓研究所の北朝鮮分析サイト「38ノース」提供(2017年4月12日撮影、同月13日提供、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】世界から孤立している北朝鮮の核実験場で、通常みられない活動が行われていたことが18日分かった。作業員らによるバレーボールだ。

 米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」によると、北東部の豊渓里(Punggye-ri)にある核実験場の警備員宿舎周辺とその他2か所で、人々がバレーボールの試合をしている様子が、16日に撮影した衛星写真に写っていた。

 同サイトの北朝鮮専門家ジョゼフ・バーミュデッツ(Joseph Bermudez)氏は「施設が『待機モード』に入ろうとしているのかもしれない」と指摘。

「北朝鮮側は、われわれが監視・報告すると分かった上でバレーボールの試合をしたとうかがえる。施設を待機状態にしたというメッセージを伝えているか、われわれを欺こうとしているかのどちらかだ」と述べた。

 38ノースはこの衛星写真を18日か19日に公開する予定。

 38ノースは先週、北朝鮮にとって6度目となる核実験の準備が豊渓里で完了したとの分析結果を示し、故・金日成(キム・イルソン、Kim Il-Sung)国家主席の生誕105年に当たる今月15日に実施する可能性もあるとしていた。

 北朝鮮は16日に再びミサイルを発射した一方、新たな核実験には踏み切っていない。米国防総省は、このミサイルは発射直後に爆発したと発表している。
【翻訳編集】AFPBB News