出典:https://www.shutterstock.com

相性の良い男性を、血眼になって探すのが女の性ですか?

趣味や諸々の価値観など、相性を気にし過ぎな女性は多いですが、結婚を意識した時、重視すべき“相性ポイント”というのが、少しズレているのではないでしょうか。

趣味の相性など、全くもってどうでもいいこと!

結婚を意識している女性は、本当に重視すべき相性ポイントを確認しておきましょう。

 

■金銭感覚の相性

楽しい恋愛をしたいなら、好き嫌いの相性などを重視しておけばいいと思います。勿論、趣味の相性が合うのも、恋愛を楽しむには必要なことかもしれませんね。

ただ、結婚したとしたら、そんな相性など本当にどうでもいいことだと、気付く時がやってくるものです。

例えば、金銭感覚の相性の不一致などは、いい例です。

子供ができればお金がかかります。マイカーやマイホームが欲しくなるかもしれません。手狭になった家から、広い家に引っ越したいでしょうし、たまには、ブランドのバックも買ってもらいたいでしょう。

でも、お金を使っても有り余るほどのお金持ちの男性など、そうそういないのが現実。そして、そんな男性と結婚できる人は、ほんの一握りなのです。

あなたが一生懸命に節約しても、何を節約し何にお金をかけるのか、そこらへんの金銭感覚が合わない男性では、「結婚は愛だけではやっていけいない」と思いたくなるのも無理はありません。

目先だけの相性を気にしていた若かりし頃を懐かしみ、愚かだったと痛感するのが、殆どの既婚女性の不平不満なのです。

特に、金銭感覚の相性は、相手の年収よりも重視するべき点ではないでしょうか。

 

■生活的感覚の相性

人間、変えようのない大きなことに関しては、割と寛容になりますが、小さいことに関しては、変える余地がある為に、小さければ小さいほど、目についてしまうものです。

生活的な感覚というポイントは、結婚後、二人に大きな亀裂を生むこともあるんですよ。

便座が開けっ放し、電気点けっぱなし、洗濯物のたたみ方、掃除の仕方や頻度、何でしたら物を置く場所にさえも、諸々の感覚の相性が合わなければ「何故?」と強く思い、苛立ってくるものなのです。

育ってきた環境が違うため一致することは難しいですが、それらの感覚の相性が違い過ぎると、一緒に生活することが難しいと、本気で悩んでしまう既婚女性は多いんですよ。

同棲してみないと殆どわかりませんが、同棲している方、同棲を経て結婚をしたいと考えている方は、そういった相性のポイントも重視し、また、どちらが合わせるのかという点も、考えた方がいいかもしれませんね。

 

■食の相性は結構重要

単に、食の相性と言っても、好き嫌いだけの問題ではなく、味付けの相性や量や回数といった相性も、見逃してはいけません。

朝ごはん一つとっても、食べる派食べない派、米派パン派など色々に分けられますよね。

特に、一人暮らしが長い男女は、身に染みた生活や感覚が抜けることがありませんので、お互いに合わせない生活をあえてしないと、生活自体が成り立たないことも出てきます。

よく言う「目玉焼きに何をかけるか」という問題も、ソース派、醤油派、マヨ派など、個人の味覚というのは育ってきた環境でかなり違いますので、理解できない味覚に苛立ちを覚えることも出てくる事象なのです。

目玉焼き程度ならどうでもいいですが、丹精込めて作った料理に、味付けが合わないとばかりにマヨネーズをかけられたり、塩コショウをかけられたりしまくったら、やってられないと思ってしまいますよね。

好き嫌いだけで食の相性を見るのではなく、諸々の食の相性も見逃してはいけませんよ。

 

今回ご紹介した相性ポイント、あなたは今までチェックしていましたか?

恋愛ではなく結婚を意識する女性なら、今回ご紹介した相性ポイントも、これからは判断材料の一つとして、採用してみてはいかがでしょうか?

【画像】

※ Versta/shutterstock