秋元康総合プロデュースの乃木坂46に続く“坂道シ リーズ”第2弾として結成され、2016年4月6日に『サイレントマジョリティー』にて鮮烈なデビューを飾った、欅坂46の主演ドラマ「残酷な観客達」の情報が発表された。

2016年夏に放送されたテレビ東京系ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」から1年を経たずして新たに欅坂46主演ドラマの放送が決定。今作の脚本を手掛ける、矢島弘一は第35回向田邦子賞受賞後、初ドラマとなる。

さらに、大ヒット中の4thシングル『不協和音』通常盤に収録されている楽曲『エキセントリック』が主題歌となることも合わせて発表された。

ドラマでは、教室に閉じ込められた女子高生に扮するメンバーが教室からの脱出を試みる姿が描かれる。
閉じ込められた教室の様子はリアルタイムで全世界に配信され、唯一の脱出方法は多くの『いいね!』 を獲得すること。密室空間で混乱する中、信じていた友にさえ裏切られ、生徒達は疑心暗鬼になっていく。

「友達は大切。でも、ルールに従うことが、この教室ではもっと大切。」ルールを守らなかった者に待ち受けているものとは?いったい何故、彼女達は閉じ込められているのか?観客達に運命を握られた21人は全員で脱出できるのか?

企画・原作ともに秋元康による欅坂46総出演の本格ミステリーがまもなく幕を開ける。

<欅坂46・平手友梨奈 コメント>
欅坂46はクール・かっこいいというイメージを持っている方が多いと思いますが、ドラマならではの新しい私達を見て頂きたいです。
私も台本を読んでいて面白いと思ったので、観ている方も同じように感じてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします。

<脚本・監督:矢島弘一 コメント>
緊迫感と馬鹿馬鹿しさ。この正反対なものをタイトルにあるように「観客」として楽しんでもらいたい。

<プロデューサー:植野浩之 コメント>
このドラマで描きたい事は人間の悪意と好奇心。それを今一番勢いのある女性アイドルグループ欅坂46と、向田邦子賞受賞後初の執筆となる脚本家矢島弘一の掛け算で視聴者に届けたいと思います。

■日本テレビドラマ「残酷な観客達」
2017年5月18日 (木)スタート(水曜深夜)
毎週木曜午前0:59〜1:29 日本テレビにて放送

(C)「残酷な観客達」製作委員会