ビリオネアたちの素顔を公開

写真拡大

 米経済誌『フォーブス』が発表している「日本長者番付」の2017年版が公表された。昨年のランク外から40位にランクインしたのが、ゲームソフト開発会社コーエーテクモHDの創業者、襟川陽一・恵子夫妻である(資産額1150億円)。『信長の野望』や『三國志』などの大ヒットで名を馳せてきた同社は、近年はスマホゲームアプリ業界の活況のなかで業績を伸ばし、株価は右肩上がりとなった。

 スマホゲームは、人口減少による需要減衰に多くの業界が悩まされるなかで数少ない成長産業だ。その市場規模は1兆円規模に膨れ上がったともいわれる。競争が激しくヒット作の有無による浮き沈みも多い業界だが、創業者でゲームプロデューサーの「シブサワ・コウ(襟川陽一氏)」のブランド化を推進し、勝ち残りの道を探っている。

「すき家」や「はま寿司」などを経営するゼンショーHDの小川賢太郎氏は、初のビリオネア入りで39位(1170億円)にランクされた。

 2014年に「ワンオペ(一人勤務での店舗営業)による24時間営業」でアルバイトを酷使するブラック企業と批判され、売り上げにも影響が出ていたが、小川氏自らが陣頭指揮に立って労務環境の改善に取り組んできた。

 熾烈な価格競争がある外食産業は新規上場も活発な一方で勝ち負けがはっきりする。人手不足のなかで労働市場における悪評が広まれば、その影響が甚大となる業界だ。労務改善が奏功したかたちとなった同社の株価はこの1年で1400円から1900円へ約35%上昇し、小川氏の順位を押し上げることとなった。

「小川氏は東大の学生時代、全共闘に参加し、社会主義革命を目指していたが、その後に転向。吉野家に入社したが、同社が会社更生法の適用を申請する事態となったことを受け、1982年にゼンショーを創業する。資本金500万円の零細企業を2012年には売り上げで外食産業日本一となるまでに成長させた」(経済アナリスト)

 社会主義革命を目指した学生が、日本有数の資産家になったというのは、興味深い逸話である。

 昨年の15位から13位(3660億円)へと2つランクアップしたのが、家具・インテリアの最大手、ニトリHDの似鳥昭雄氏だ。

 昨年は30期連続の増収増益を達成。直近の2018年2月期も連結営業利益が前年比15.4%増の990億円になる見通しで、31期連続は確実と見られる。デフレ銘柄の代表格といわれた同社の好調が続いているのは、日銀が「物価上昇率2%」と目標を定めながら、達成への道筋すら見出せていない状況の裏写しともいえよう。

 今年は海外16店舗を含む61店舗の新規出店を計画し、国内外で532店舗にまで増える。似鳥氏は「日経の『私の履歴書』で、子供の頃、親にヤミ米の販売をさせられた話や、凄まじい家族ゲンカの様子、カンニングで大学に入った話などを披露していて、破天荒な人生を送った人物」(経済作家の北康利氏)であり、攻めの経営姿勢は続きそうだ。

※週刊ポスト2017年4月28日号