19日、このほど韓国のインターネット掲示板に、日本の死刑確定についてのスレッドが立ち、ネットユーザーの注目の的となっている。資料写真。

写真拡大

2017年4月19日、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本の花蛇(コッペム。韓国語で、金品目当てに男性に近づく女性)の死刑確定」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目の的となっている。

スレッド主は、2009年に埼玉・東京・千葉で、練炭自殺を装って男性3人を殺害した罪などで一審と二審で死刑判決を受け、最高裁判所が14日に上告を退けて死刑が確定した木嶋佳苗被告のスクリーンショット画像を掲載し、事件の概要を韓国語で紹介している。そして、韓国と比較して「韓国では生理や何か病気があると主張すれば、執行猶予も可能(泣)」と嘆きの一言をつづっている。

韓国にも死刑制度はあるものの、1997年を最後に執行されておらず、凶悪犯罪の報道を受けてネットユーザーから「犯人に死刑を」との声が寄せられることもしばしばだ。このスレッドには同類のニュースに敏感なネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられており、「韓国の法より日本の方がいい。というか、日本が正常」「日本は恐ろしい。女性にも死刑執行するの?韓国は殺人でも執行猶予が付くのに」「韓国なら100%、懲役15年くらいだろう」「日本には死刑があるの?韓国なら無期懲役が最高じゃない?」と日本との違いに驚くコメントが大勢だ。

一方で、「この人にそんな犯罪が可能だったの?」「脅迫罪の間違いとか?」との声もあり、木嶋被告の外見もユーザー間で物議を醸した。(翻訳・編集/松村)