アメリカのApple Storeで『12.9インチiPad Pro』の在庫がなくなり、出荷までに時間を要するようになっています。

こちらもご覧ください。
iPad Pro 2はMacの液晶タブレットにもなる、Appleが開発中か

アメリカでiPad Proが品薄状態

ウェブサイト『AppleInsider』がアメリカの20のApple Storeで調べたところ、12.9インチiPad Proのうち最も安い、32GBのWi-Fiモデルと128GBのWi-Fi + Cellularモデルの在庫が少ないか、在庫がない状況になっています。

在庫が少なくなっていることについての説明は、Apple Storeの従業員には行われていないそうです。

Appleのウェブサイトでは、12.9インチiPad Proのどのモデルも「2〜3週間で出荷」となっており、すぐ出荷できる在庫はない状況になっています。

日本では、ウェブサイトは「2〜3週間で出荷」になっていますが、Apple Storeでの受け取りは本日中に行える店舗が多いです。一部の店舗では5月17日以降になっているところもありました。

2月にもiPad Proが品薄に

2017年2月にも12.9インチiPad Proが品薄になりました。このときもウェブサイトでは「2〜3週間で出荷」となり、Apple Storeでの受け取り可能日は4週間後でした。

しかし、3月の第1週には状況が一変。すべてのモデルがウェブサイト・Apple Storeですぐ出荷される状況になったとAppleInsiderは報じています。

それでも入荷した数は少なかったのか、AppleInsiderが調査している店舗ではすぐに在庫がなくなってしまったそうです。

iPad Pro製造にトラブル? それとも・・・

AppleはiPadの需要を過小評価していたこと、製造元にトラブルが発生したことを公にしています。これらが原因で、現在でもiPad Proの製造・供給がうまく行えていない可能性が考えられます。

一方で、iPad Pro 2の登場が間近に迫っていることも考えられます。今秋発表と噂されてきましたが、登場したのは9.7インチiPadだけでした。

直近で可能性があるとすれば6月のWWDCかもしれませんが、そうした噂は今のところ報じられていないようです。
→ Appleが6月にイベント開催、iPhone 8・新iPad発表は?

参考

iPad Proを購入 - Apple(日本)Availability of Apple's 12.9" iPad Pro slips to May as rumored update looms - AppleInsider