GLM G4。(画像:GLM発表資料より)

写真拡大

 京都大学発のベンチャーEVメーカーであるGLMは、実現すれば初の国産EVスーパーカーとなる「GLM G4」に関して、2019年をメドとした量産化に乗り出す。想定価格は4,000万円、目標販売台数は1,000台、つまり、売上目標は約400億円という事業になる。

【昨年パリで公開】パリモーターショー16に登場したイチオシのエコカー8選

 また、販売は世界展開を視野に入れており、国内は当然として、EU、香港、中東、中国での販売を検討しているという。

 GLMは、トミーカイラZZの販売で知られる企業である。トミーカイラというのは、かつてトミタ夢工場という自動車メーカーが製造販売していたブランドを、GLMが蘇らせたものだ。現在はEVとして量産されていて、こちらの価格は税別800万円。

 GLM G4の性能を見てみよう。専用に開発された強力なモーターを2機搭載し、四輪駆動で、最高出力は540馬力。時速100kmまでの到達時間(0-100km/h加速)は3.7秒、最高速度は250km/h、航続距離は400kmであるという。クーペスタイルの外見ながら4ドア4シーター、前後のドアが跳ね上がる「アビームセイルドア」を採用している。

 なお、車両コンセプトは「ロードヨット(路上を走るヨット)」だという。

 電気自動車といえば(その全般でいえば)、現在世界を代表する存在となっているのは、テスラ社をおいて他にはあるまい。先日、一時だが時価総額でGMを越えるという偉業を成し遂げたくらいだから、もう解説の必要もないだろう。

 EVスーパーカーだが、テスラも出したことがある。テスラ・ロードスター。アーノルド・シュワルツェネッガー、レオナルド・ディカプリオらそうそうたるアメリカのVIPが購入したことでも話題となったが、これの価格が(日本では)1,481万5,500円であった。

 ちなみに、中国にも、EVスポーツカーに挑戦しているベンチャー企業がある。NextEVという企業だ。ただ、カーレーシングには参加しているが、まだ市販車を販売した実績がない。今度、鳴り物入りで「世界最速EV」と謳ったEP9なるEVスーパーカーを(同社としては初めて)発売すると去年発表したのだが、価格は120万ドル(約1億3,000万円)、生産台数は6台だそうである。

 スーパーカーの世界にも、やがてはEVであることが当然であるという時代がやってくるのであろうか?