写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スポティファイジャパンは4月19日、音楽ストリーミングサービス「Spotify」において、月額480円(税込)の「Spotify Premium 学割プラン」を提供開始した。

対象となるのは、指定の認証システムをクリアした高等教育機関(大学、短期大学、高等専門学校、専門学校など)の学生。高校生は対象外となる。有効期間は認証から12カ月で、更新も可能。すでに学割プランを導入しているアメリカ、イギリス、ドイツを含む36カ国で提供される。

学割プランでは、月額980円(税込)のプレミアムプランと同様の機能を利用できる。具体的には、広告なしで約4,000万曲が聴き放題となり、楽曲やプレイリストのオフライン再生が行える。

学割プランの提供に合わせ、Spotifyは世界の学生ユーザーの利用動向について調査結果を発表。それによると、2016年9月のサービス開始以来、日本で18〜21歳のSpotifyユーザーに最も人気があったアーティストはONE OK ROCKだという。また、最も人気があった楽曲はThe Chainsmokers, Halseyの「Closer」だと明かしている。