ホンダCBR250RR<ABS> 、カラーはヴィクトリーレッド。(画像:ホンダ発表資料より)

写真拡大

 ホンダは、新設計の250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデルである「CBR250RR」を5月12日に発売する。

【こちらも】ホンダ、大型スーパースポーツ「CBR1000RR / SP」の新型発売

 カラーはマットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッドの3種類(ヴィクトリーレッドは他の2色と値段も異なる)。それぞれにABS(アンチロックブレーキシステム)付きのものと付きでないものがあり、標準のヴィクトリーレッドは77万7,600円(価格は全て税込)、他は75万6,000円。ABSタイプのヴィクトリーレッドは82万8,360円、他は80万6,760円。

 乗員定員2名、軸距は1,390mm、シート高は790mm、車両重量は標準型が165kg、ABSタイプは167kg。ブレーキは前後とも油圧式ディスク、最高出力は38馬力である。

 エンジンはMC51E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒。スーパースポーツならではの高回転までのシャープな吹き上がりと、低中回転域での力強さを両立し、高出力を実現。また、ホンダによれば、スロットルグリップの開度を電気信号で伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初めて採用したという。さらに、軸受けにメタルベアリングを採用し、かつダブルピボットテンショナーをカムチェーン張力安定の為に導入したことで、ショートストローク化により高回転時の耐久性と静穏制を両立している。

 車体もフレームから新設計されたものである。剛性としなやかさを合わせ持ち、選れた動作性能を安定して引き出せる操縦性の実現を目指した。各部の厚さや径、そして接合位置を最適化することで、高次元のバランスの上に性能を引き出している。