ROOMIEより転載


手帳やカレンダーに書き残すほどでもない、小さな予定ってないだろうか。たとえば、料理の献立、ショッピングリスト、ゴミの日など。

または、書いたり消したり変更になりやすい予定はどうだろう。代表的なのが「To Doリスト」。仕事の細かな進行管理もそうかもしれない。

そんな時、便利に使えるステーショナリーを発見。クリエーターが手掛けるデザイン文具を扱うリプラグが販売する「Tag Schedule」を紹介する。


「気軽に書く・貼る」ウィークリータイプ


マンスリータイプの手帳を、1週間分ザクッとカットしたような横長の形状が特長。

1枚1枚に月曜〜日曜までの枠がデザインされ、付箋になっているので好きなところに貼っておける。予定が変わったら消して書きかえるのではなく、気軽に貼りかえることができる点も便利だ。


20170419roomie_schedule3.jpg


表紙はトラディショナルな5色をラインナップ。色のイメージ合わせて、紙の質感やテクスチャを変えるというこだわりようだ。


手帳代わりに持ち歩きたくなるような上品さがある。



最近ではスケジュール管理をすべてスマホアプリで行っている人も多いでしょう。ですが、この付箋に書き込んで見えるところに貼っておけば一目で情報を確認できます。

アイディア次第で色々な使い方がある「Tag Schedule」について、新年度のスケジュール管理以外の活用方法の他、デスクにあったら嬉しい文具を下記のリンクで紹介しています。

付箋以上、手帳未満。書いたらすぐ貼れる、1週間毎のスケジュール帳文字をリデザインしたタイポグラフィ印鑑「OOiNN」台湾発。古いものに新しさを見出すステーショナリー

(sato)