パーソナル分析機能の画面

写真拡大 (全3枚)

 トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management(R)」にオウンドメディア上でユーザー行動データを分析する新機能を追加し、4月24日(月)より提供を開始する。

 トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management(R)」に新機能を追加するバージョンアップを実施、4月24日(月)より提供開始する。各ユーザーの行動傾向を精緻に分析し、各セグメントに属するユーザーの行動傾向を正しく見える化できるようにする。
パーソナル分析機能のイメージ

 今回のバージョンアップでは、特にB2Bマーケティングにおいて重要度が増す、オウンドメディア上のユーザー行動データを分析できる「パーソナル分析機能」を提供開始する。

 パーソナル分析機能では、メール開封や広告反応による来訪、閲覧コンテンツ、コンバージョンなどの詳細行動から、来訪頻度や流入チャネル、デバイスの分布など、ユーザーの行動傾向まで知ることができる。また、オプションサービスの「どこどこJP」を併用すれば、匿名ユーザーであっても所属企業名を特定することが可能だ。
パーソナル分析機能の画面

 これらの詳細情報を把握することで、メール配信やレコメンデーションといったデジタル上のアプローチに加え、インサイドセールスなどの営業活動でも質の高いリード情報が抽出しやすくなる。

 また、コンバージョンしたユーザーとそうでないユーザーを複数抽出してその行動傾向を分析することで、セグメントごとの行動傾向や流入からコンバージョンに至る成功ルート、離脱ポイントの特定がしやすくなる。

 その他、HTMLメール内のリンクURLをクリックしたユーザーをワンクリックで抽出する機能も追加した。

 今後は実店舗における来店検知や購買情報との連携など、デジタルからリアルまで横断した行動分析ができるよう、さらなる機能開発を進める予定。

MarkeZine編集部[著]