Googleは4月18日、「Google Earth」の新バージョンを発表しました。まずはデスクトップブラウザのChrome版とAndroid版が公開され、iOS版も追って公開予定です。

Googleが開発に2年を費やした新バージョン

Googleが、先日予告していたように、Google Earthの新バージョンを公開しました。開発には2年以上を費やしたとのことです。
 

 
Chromeでアクセスすると、最初に「45億4,300万年中・・・年分の処理が完了しました」と読み込み画面が表示された後、簡単なチュートリアルを経て利用可能です。

世界の自然や都市を回る「Voyager」

Google Earthの新機能「Voyager」は、世界各地の雄大な自然や都市などを巡ることのできるインタラクティブツアーで、世界屈指のストーリーテラー、科学者、および非営利団体の協力のもとに制作されています。
 

 
サービス開始時点で50以上のストーリーが公開されており、今後も毎週、新しいストーリーが追加される予定です。

予想外の場所との出会いが楽しめる「I’m feeling lucky」

「I’m feeling lucky」は、ユーザーが予測もしていない20,000以上の目的地にランダムでジャンプできる新機能です。
 

目的地には、現地の歴史や関連する場所などの情報がまとめられた「カード」があり、興味のある場所を辿ることで、新しい場所との出会いを楽しむことができます。

好みの景色をシェアできる「ポストカード」

「3Dボタン」をクリックすると、あらゆる場所の3D映像を好きな角度から眺めることができます。Android版では、好みの景色を絵はがきのように切り取って送れる「ポストカード」機能もあります。
 

 
もちろん、好みの場所を検索して表示することも可能です。Appleの新本社Apple Parkを検索してみたところ、建築の進む様子を3Dで眺めることができました。
 

 
以下は、Google Earthの紹介映像です。iOS版の公開を楽しみに待ちましょう。
 

 
 
Source:Google Japan
(hato)