中条あやみが「世にも奇妙な物語」初出演

写真拡大

4月29日(土)に放送される土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 '17春の特別編」(夜9.00-11.10 フジテレビ系)に中条あやみの初出演・初主演が決定した。

【写真を見る】都市伝説“This Man”をモデルにした作品

中条が出演するドラマ「夢男」は、10年ほど前から世界各地のネット上で話題の“This Man”をドラマ化した作品。

“This Man”とは、ニューヨークから始まった都市伝説。「今まで一度も会ったことのない男が、夢に現れる」と話す女性が精神科病院を訪れ、似顔絵モンタージュを描く。

数日後、病院を訪れた別の男性患者も同様の話を相談し、描いたモンタージュが女性が描いたモンタージュとそっくりだった。これに興味を示した精神科医が、モンタージュを同僚の医師たちに送ったところ、ほかに4人の患者が同様のモンタージュを描いたという。以来、現在までに世界各地から2000人の目撃証言が寄せられている。

「夢男」では、毎晩、悪夢にうなされながる女子大生・ミドリ(中条あやみ)が、夢に出てくる男の顔をイラストで再現し、SNSに投稿すると、周りの友人も次々にこの男を夢で見たと言い始める。

中条は初出演することに「世にも奇妙な物語は、学生時代に友人の家に泊まって、みんなで一緒に見ていた思い出があります」とコメント。

また「夢男」については「恐怖と、それによる集団パニックを描いています。恐怖が伝わるように、演技したいと思いました。“This Man”は見た目は不気味ですけど、どこかかわいそうで助けてあげたいと思ってしまう存在です。嫌いになれないし、無視することもできない。特徴的な顔なのに、会ったことがあるようで無い、不思議な感覚を捉えている顔だと思います」と語った。

最後に視聴者向けて「ハラハラドキドキするシーンがたくさんあって、夢男を見た人たちが狂っていく様子は、怖いですけど引き込まれると思います。私たちにとって身近な話で、本当に“世にも奇妙な話”です。ふと振り向いたら、実際に夢男が街を歩いているかもしれませんよ!」とアピールした。

ほか「世にも奇妙な物語 '17春の特別編」では、菅田将暉、遠藤憲一主演作OAも発表されている。