平社員でもリーダーシップを発揮する方法

写真拡大

リーダーとしての経験がなければリーダーに昇進できない──。一見矛盾した論理だが、では補佐的な役職に就くあなたは、どのようにリーダーになるための経験を積めばよいのだろうか。

たとえ未経験の人材であったとしても、リーダーシップを絶えずはっきりと発揮することが必要だ。大切なことは、肩書きや部下がなくともリーダーのように振舞うこと。次の方法で実践しよう。

思考法を習得する

周りからリーダーとして見られるためには、リーダーの思考法を身につること。リーダーはビジョンを生み出し、人々を先導する。自分のやる事リストだけに捉われず、自分の役割と企業への貢献をより大きな視点から考えている。1日の終わりに、今日はどの位リーダーシップを発揮できたかを思い返そう。

思考法を身につける別の方法は、リーダーである自分自身を想像することだ。自分がリーダーになったと仮定して、経歴を書き換えてみよう。何を追記して何を削除する? そうすると、思い描く未来の像が見えてくる。定期的に読み返し、リーダーとしての自分像を日々忘れないようにしよう。

メンターをまねる

職場にメンター(助言役)がいない人は、まず探すところから始めよう。自分より先輩で、理想のリーダー像を体現する人がよい。メンターが見つかったら、よく観察すること。1日行動を共にさせてほしいと頼もう。メンターがどのように時間を配分しているか。難しい局面にどう対処しているか。自分が見習いたい行動や性格はあるか。

社内で手本となる人を見つける利点は、会社組織と今後あなたがたどれる道筋をよく把握していることだ。今の自分の環境でどうリーダーシップを発揮したらよいか相談してみよう。

リーダーとしての資質に気付いてもらいたければ、周囲に見える形でリーダーらしい行動を取ること。自分が示せる3つのリーダーシップスキルを選ぼう。例えば、質の高い仕事に対して感謝を示す、重要人物と時間を過ごす、リスクを取る、など。これらを日常に組み入れよう。

会議を最大限に利用する

会議はチャンスだ。決定権を持つ多くの幹部の前で、同僚と差をつけられる。幹部はよく会議室で将来のリーダーに目を付けるため、会議は最大限に利用しよう。事前準備を怠らず、重要人物に良い印象を与えるチャンスを無駄にしないこと。

自分のリーダーシップを示すための3つの項目を考えよう。時間を守って到着し、自分がいかに価値ある存在であるか示そう。何を言ったらよいのか分からない、議題についての知識があまりない場合は、リーダー的思考を見せる力強い質問をしよう。

メッセージを発信する

ソートリーダー(思想的リーダー)になるために部下は必要ない。ソートリーダーとは、特定の分野で権威のある人のことだ。特別な専門性を持ち自分の特有の観点があれば、それを示すことで同僚とは一線を画すことができ、追随者が現れるだろう。

メッセージを伝える方法を選び、決定権を持つ幹部に見える形で定期的に自分のソートリーダーシップを発信し、周囲を刺激しつつ自ら先駆者となる能力があることを示そう。

頭角を現す

自分が頭角を現わせる事柄を見つけ、目立つ存在になろう。成功すれば高い評価につながるならば、大きな賭けに出るのもよい。プロジェクトのリーダーに志願してもよい(特に、誰かがやらなければならないが、誰もやりたがらないもの)。

または会社に良い影響をもたらす改革を提案し、それを率先して進める。リーダーとは、会社の使命を支える新たな方法を積極的に探している変革推進者だ。

あなたも実際に昇進した時に備え、今からリーダーの振る舞いを身に付けておこう。