「稀勢の里が築いてきた相撲道を、相撲の神様が舞い降りて見守ってくださったような気がしました」 これは、元横綱の貴乃花親方が、春場所で奇跡の逆転優勝を遂げた新横綱に送った祝福の言葉だ。

「春場所の稀勢の里は凄かった。13日目の日馬富士戦で、左肩周辺を痛めながらも優勝。新横綱の奮闘に、日本中が拍手を送りました」(スポーツ紙記者)

 だが一方で、冒頭の貴乃花親方の発言には「別の意味があった」とも噂された。「裏を返せば、相撲道に反する力士には相撲の神様は舞い降りてこない、という意味。白鵬をはじめとするモンゴル力士たちに対する嫌味ではないかと話題になったんです」(夕刊紙記者)

 4横綱中ただ一人、春場所を途中休場した白鵬。37回の優勝を誇る大横綱に、貴乃花親方は何か含むところがあるのだろうか? 新旧の名横綱2人の“宿怨”をひも解く前に、まずは稀勢の里が負傷した13日目の取組を振り返ってみよう。

「32歳の先輩横綱・日馬富士は、親の仇を見るような目で稀勢の里を睨んだかと思うと、全身全霊でぶつかっていきました」(前同) 真剣勝負の世界。問題はないように思えるが、「日馬富士は完全なケンカ腰で、稀勢の里を土俵外に激しく寄り倒し、病院送りにしたんです」(前同)

 ケガは想像以上に重く、「当初は左上腕部の負傷といわれていたが、その後の検査で左大胸筋も損傷していることが判明。ちなみに稀勢の里の最大の武器は左差し。うがった見方をすれば、日馬富士はわざと左側を狙ったとも言えます」(前出のスポーツ紙記者)

 これは日馬富士に限ったことではない。春場所千秋楽の本割で、稀勢の里は、モンゴル出身の大関・照ノ富士と戦ったが、「照ノ富士は“待った”がかかって断念しましたが、いきなり稀勢の里の痛めた左肩を攻めようとした。弱い部分を狙うのは勝負の鉄則ですが……」(前同)

 なぜ、稀勢の里は、こうも目の敵にされるのか。「モンゴル人力士は稀勢の里フィーバーを快く思っていない。これまで土俵を支えてきたのは自分たちなのに、新横綱の誕生で、全員ヒールになったと憤慨しているんです」(同)

 そんな稀勢の里包囲網を敷くモンゴル勢に対し、貴乃花親方は以前から、わだかまりがあったという。「朝青龍時代から“星”のやり取りをしているとの疑いが根強いんです。大勢が決した後、上位陣の間で、星のバランスを取る程度ですが、無気力相撲の一因とされ、現役時代ガチンコで鳴らした貴乃花とすれば許せないでしょうね」(相撲専門誌記者)

 そこに喝を入れようと、ガチンコ力士の“後継者”として頭角を現しつつあった稀勢の里を11年に大関昇進させるべく推挙したのが、貴乃花親方だったという。さらに、貴乃花親方と白鵬の間には、ある事件が。

「昨年の巡業中、巡業部長の貴乃花と横綱の白鵬は同じバスに乗っていたんですが、途中のサービスエリアで休憩を取った際、白鵬がまだバスに戻ってきていないのに、貴乃花は“出発しろ”と運転手に指示。白鵬を置き去りにしたんです」(前出の夕刊紙記者)

 いったい、なぜ……。「巡業中のバスでは、貴乃花親方の座る席が決まっているんです。だが、ある日、白鵬はその席に座って、ふんぞり返っていた……ケンカを売ったのは白鵬のほうです」(前同)

 なぜ、白鵬は挑発を? 「白鵬は引退後、親方になりたい。そのため、一代年寄りになることが必要なんです。だが、親方は日本出身か日本国籍取得者のみ。母国の父親が帰化に反対していることもあり、白鵬は“例外”を作ろうと必死なんです」(前同)

 しかし、故・北の湖理事長は“例外”に否定的で、今の八角理事長はその路線を継承。白鵬は、昨年の理事長選で八角親方と争った貴乃花親方に期待を寄せた。「貴乃花親方は理事長選の敗北後、白鵬の件を含め、現理事長の意向に従うと発言していましたが、ダメ押しとばかりに3月5日のトークショーで、白鵬の一代年寄について“それは難儀なんじゃないでしょうか”と完全否定したんです」(前出の相撲専門誌記者)

 この発言で、貴乃花親方への憎しみが増幅したとしても不思議ではないだろう。その半月ほど前の2月下旬、白鵬は3人目の内弟子を取ると発表している。

「内弟子は親方として協会に残れる者しか取れない。つまり、白鵬は貴乃花や相撲協会が何と言おうと“俺は親方になる”と宣戦布告したようなものです。ただ、稀勢の里人気で、白鵬に頼らずとも平気になった協会が、譲歩する見込みは少ないでしょうね」(前同)

 この“遺恨”に対し、スポーツジャーナリストの大野勢太郎氏はこう語る。「一つ言えるのは、貴乃花は誰もが認める大横綱であり、白鵬もまた相撲人気が低迷していた時期、一人横綱として相撲界を支えてくれた功労者だということ。だから、貴乃花も白鵬も実際は、お互いを認めあっていると思うんですね」

 置き去り事件にせよ、一代年寄の問題にせよ、周囲が騒いでいるだけで、「本人たちは気にしていないはず。それよりも今の相撲は稀勢の里の活躍もあり、非常に面白い。土俵外より土俵での戦いに注目してもらいたいですね」(前同)

 土俵外バトルも気になるところだが、まずは夏場所で“相撲の神様が舞い降りる瞬間”を期待しよう。