新曲「DECIDED」を書き下ろし!

写真拡大

 小栗旬主演、福田雄一の監督・脚本で空知英秋氏の人気漫画を実写映画化する「銀魂」の主題歌を、6人組ロックバンド「UVERworld」が担当することがわかった。新曲「DECIDED」を今作のために書き下ろしており、作詞・作曲を手がけたボーカルのTAKUYA∞は「豪華キャストとスタッフ、世界的な人気漫画の実写化いうことで、製作発表からすでに大きな話題になっていた作品に、まさかUVERworldが関われるとは思ってもいませんでした」と喜びのコメントを寄せている。

 累計発行部数5100万部を突破した同名漫画を、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、柳楽優弥、中村勘九郎、堂本剛ら豪華な面々の共演で実写化。宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む銀時(小栗)が、新八(菅田)、神楽(橋本)らとともに、身の回りで起こる様々な事件に挑む姿をコミカルに描いた。

 そして2005年にメジャーデビューして以来、若者に絶大な人気を誇るUVERworldが、ギャグと人情を詰め合わせた今作を、独自のサウンドで盛り上げていく。TAKUYA∞は「笑いあり、アクションあり、感動ありの銀魂の世界を盛り上げる起爆剤を提供できればという思いで作りました」と説明し、「最後の一瞬まで、侍たちの生きる姿を見逃さず、映画を楽しんでください」と呼びかけている。

 映画「銀魂」は、7月14日から全国で公開。