トゥルボルドは幕下付け出しでデビューする

写真拡大

 この春、角界に身を投じた56人の新弟子のなかでも最注目株が、錦戸部屋に入ったモンゴル出身のバーサンスレン・トゥルボルドだ。7年前、逸ノ城(前頭7)と一緒に鳥取城北高校へ留学してきたトゥルボルドは187cm、182kgという恵まれた体格の持ち主。高校卒業後は日大へ進み、相撲部主将としてアマ横綱、学生横綱を獲得した。興行ビザの取得が間に合わず、春場所で初土俵は踏めなかったが、5月場所には幕下15枚目格付け出しでデビューする予定である。

 ただ、入門した錦戸部屋は親方(元関脇・水戸泉)の健康問題などで稽古指導が激減したことに弟子たちが反発して次々と部屋を去り、「部屋崩壊」と報じられる惨状があった。所属力士は3人(幕下1人、三段目2人)まで減っている。注目の新弟子が選ぶ先としては違和感があるが、そこにはそれなりの事情もある。

「有力な大所帯の部屋の多くで外国人枠(各部屋1人まで)が埋まっており、モンゴル出身者は弱小部屋を選ぶしかない。モンゴル出身の横綱・鶴竜の井筒部屋も、鶴竜以外は三段目1人、序二段2人がいるだけ。だから毎日のように正代(小結)、小柳(十両4)のいる時津風部屋に出稽古に行っているが、トゥルボルドもそうした環境で上を目指すことになる」(担当記者)

 厳しい環境に身を投じることになるトゥルボルドは、月刊誌『相撲』(ベースボール・マガジン社)の4月号に掲載される恒例の「全新弟子名鑑」のアンケートに対し、目標の地位を「横綱」と答えている。

※週刊ポスト2017年4月28日号