2017年6月5日からAppleの開発者イベント「WWDC 2017」が開催されますが、Apple関係のニュースメディア・9to5Macが、WWDC 2017を区切りに2017年に登場する可能性のあるAppleの新製品を予想しています。

WWDC & beyond: What’s next for Apple hardware this year | 9to5Mac

https://9to5mac.com/2017/04/17/apple-wwdc-updates-ipad-pro-imac-macbook-apple-tv-original-content/

例年Appleがソフトウェアとハードウェアの新製品を発表するWWDCの開催が近づいている中、9to5Macはソフトウェアで「iOS 11」「macOS 10.13」「watchOS 4」「tvOS 11」が登場すると予想しています。これらの新しいOSが搭載されることになる新型ハードウェアでは、どんなものが登場するのか、9to5Macの予想は以下のようになっています。

◆iPad Pro&Apple Pencil 2

Appleは従来の9.7インチ・12.9インチに加え、10.5インチの新サイズを含めた3モデルの新型iPad Proを開発中であると報じられていますが、開発に遅れが生じているとのこと。これらの新製品の登場は2017年5月〜6月になると予想されており、WWDC 2017まで持ち越されることも考えられます。新型iPad Proのほか、第2世代の12.9インチのiPad Proも開発中という情報もあり、これらにはA10Xプロセッサーが搭載される見込み。9.7インチモデルのiPad Proはベゼルの薄いスリムデザインになるともいわれています。

新しい10.5インチ「iPad Pro」の追加で2017年のiPadは3モデル展開、さらに曲面ディスプレイのiPadが登場か - GIGAZINE



AppleはiPadシリーズ向けにディスプレイ内蔵でワコムスタイルでお絵かき可能な「新型Smart Cover」の特許を取得しており、特許書類の中でApple Pencilを使っているイラストが使われているほか、「iPhone対応Apple Pencil」「Trackpad対応Apple Pencil」などの特許も取得していることから、新型iPad Proと同時に「Apple Pencil 2」が登場する可能性もあります。



◆iMacと新型キーボード

多くのメディアがAppleが新型iMacを開発中であるという情報をつかんでいます。Appleによると新型iMacはさまざまなプロフェッショナルの使用を想定したマシンになるとのこと。公式スペックは明らかにされていませんが、新型iMacは「Intel Xeonプロセッサー E3-1285 v6」、16GB(最大64GB)のECCメモリ、NVMe SSD(最大2TB)、8Kディスプレイ、VR&プロフェッショナルアプリ対応AMDグラフィックボード、Thunderbolt 3、USB-C gen 2などが搭載されると予想されています。



新型iMacと同時に「Touch Bar&Touch ID搭載のスタンドアロンキーボード」も登場する可能性があります。また、2017年4月に行われたインタビューでは、全てを一新した「新型Mac Pro」が2018年に登場することも明かされています。



◆MacBook/MacBook Proのアップデート

2016年11月に、AppleはKaby Lakeプロセッサー搭載のマイナーモデルのMacBook/MacBook Proのリリースを計画していることが報じられています。また、約1年間アップデートのない12インチのMacBookも、近い時期にアップデート版が登場すると予想されています。



◆Apple TV&Apple Musicオリジナルコンテンツ

2017年2月に、Appleが4K出力を採用した新型Apple TVをテスト中と報じられ、新型Apple TVは年内に登場すると言われていました。これ以外に続報は出ていないため、新型Apple TV自体がWWDC 2017で発表される可能性は低め。一方で、Appleは「Carpool Karaoke」のスピンオフ作品の配信をスタートしたり、リアリティ番組「Planet of the Apps(アプリの惑星)」の配信を予定しているなど、などのApple Music向けのオリジナルTVコンテンツの提供に注力しています。Planet of the Appsは時期的にも、WWDC 2017で発表される可能性が高いものと見られています。



◆Apple Watch Series 3

「watchOS 4」がWWDC 2017で発表されるとすれば、最新watchOSを組み込んだデモのために「Apple Watch Series 3」を発表することも期待できます。ただし、いくつかの報道では次世代Apple Watchの登場は「2017年後半」と予想されているほか、「Series 2」が発表されたのも2016年9月で、WWDCではありませんでした。新型Apple Watchは現行の「タッチオンレンズ式」から「ガラスフィルム式」に変更されるといわれています。また、新しいヘルスケア機能を実現するセンサーが盛り込まれる可能性もあるとのことです。