【詳細】他の写真はこちら

パフォーマンス設定を見直して快適な表示に!



Windows 10では画面表示をキレイに見せるため、ウィンドウの影を表示したり、ちょっとした操作にアニメーションを入れたりといった効果が追加されています。性能に余裕のあるPCであれば問題無いのですが、低価格なPCや少し古めのPCではこういった効果が負担となり、動作が鈍く感じてしまうことがあります。見た目よりも機敏な動作を重視したいという場合は、この効果をオフにすることで改善されることがあります。

この設定を変更できるのが「パフォーマンスオプション」にある「視覚効果」。しかしこの設定、かなり奥深いところにあるため、項目をたどるよりも検索機能を使って一発で呼び出す方がいいでしょう。「設定」もしくは「コントロールパネル」を開き、検索ボックスに「デザイン」や「パフォーマンス」と入力することで簡単に呼び出せます。

とにかくキビキビとした動きにしたいというなら「パフォーマンスを優先する」を選択。これでも重たく感じるなら「カスタム」を選び、すべての項目からチェックを外すといいでしょう。逆に、多少重たくなっても見た目を重視したい人なら、「デザインを優先する」を選びましょう。

PCの性能に合わせ、見た目と速度をバランス良く設定してくれるのが「コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する」です。とくにこだわりがなければ、これを選んでおきましょう。



▲「設定」の検索ボックスに「デザイン」と入力。候補として出てくる「Windowsのデザインとパフォーマンスの調整」をクリックします。



▲「パフォーマンスのオプション」では、デザイン重視かパフォーマンス重視かでどの設定を選ぶのかが変わってきます。まずは「コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する」でしばらく使ってみて、よりキレイな画面にしたいのか、より動作を軽くしたいのかで設定を変更するといいでしょう。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

関連記事



Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ