知名度を悪用か(フジテレビ「ホンマでっか!?TV」公式HPより)

写真拡大

 巷間囁かれる“社長交代説”について、自らの定例会見で火消しに回るほど、フジテレビの亀山千広社長(60)は追い詰められている。回復の兆しが見えない視聴率低迷。その最中で泣きっ面に蜂ともいうべき、看板番組を舞台にした詐欺的商法が明らかになったのだ。

 ***

 明石家さんまが司会の番組「ホンマでっか!?TV」は、マツコ・デラックスなどの芸能人をパネラーに迎えて、各界の識者が思わず膝を打つ知識を紹介する。過去には民放連から表彰され、バラエティでは異例の最高視聴率19・8%を叩き出す、フジを代表する番組のひとつだ。

 そこに準レギュラーで出演しているのが、医師の亀井眞樹氏(55)である。東大医学部を卒業し、現在は都内で診療所を開設しているが、周囲から「お金を返して欲しい」と怨嗟の声が湧き起っているのだ。

知名度を悪用か(フジテレビ「ホンマでっか!?TV」公式HPより)

 都内在住の30代女性Aさんはこう憤る。

「亀井先生は、お台場にあるフジテレビの湾岸スタジオで行なわれた番組の収録にも連れて行ってくれたことがありました。お会いした時は有名な番組に出演するお医者さんということで信用していたのですが、今となってはテレビに出る資格はないと思っています」

 トラブルの元凶は、亀井医師が主宰する「養生医学教育プログラム」。最も高額なVIPコースで100万円超、その下に、24万円、14万4000円などのコースが続く。昨年5月、Aさんは24万円のコースに入会したという。資料には、〈人生を新しいステージに導き、いかなる状況下でもいのちを養い得る智恵と力を獲得し、心身の本当の豊かさと経済的自由を目指すためのコース〉とあるが、

「入会時の説明では、スターターキットとは別に毎月教材が届き、動画も配信されるということでした。けれど、いつになってもそれらは届かず、数回の講演と8月に紙のテキストが送られてきただけ。不審に思って他の会員に確認すると、やはり教材が届かないという声が聞こえてきました」(同)

■収録同行も特権

 実際、3年間分を一括で109万円も支払ったという被害女性が継ぐ。

「入会は昨年4月ですが、これまで受け取ったテキストは3回分のみ。ようやく10月下旬に動画の配信が始まりましたが、もう気持ちが冷めてしまった。全額返金して欲しかったのですが、先生はすぐに激高する人なので、怒らせたら面倒と思って3年コースを1年に変えて差額を返して貰うことになった。ところが、支払いは1月末の約束なのに今も入金はない。メールで尋ねても返信はありません」

 冒頭の被害者と同じコースに入会した40代の女性も、

「昨年6月に入会後、教材が届かないので2カ月後に解約と返金を申し出ました。都の消費生活センターに問い合わせ、相談員の方が先生に連絡を入れてくれたのですが居留守を使われたそうです。それで、こちらから改めて先生に催促すると、“政府でのプレゼンがあり、事務方に負荷がかかっていた”なんて言い訳をしてくる。今年2月に全額返金されたけど、あまりに不誠実な対応だと思います」

 ちなみに、亀井氏のHPの略歴にある「日本内科学会認定内科医」という肩書きは、学会事務局によればすでに除籍されたもの。こんなところにも、先生のお人柄がよく表れているのだ。

 当の亀井氏の言い分は、

「まだ試験的にやっていて、学習進度が遅い方もいらっしゃるので。だから、(教材が)遅れる旨は告知もしました。Aさんは私のテレビ収録にも同行されています。これらはすべて会員の特権に入っている。彼女は収録現場に同行するという便益を受けておいて、いきなり止めるとメールを送ってきた。(会員には)日本を代表する弁護士や大学の心理学の元教授もいる。被害者だと言う人は誰もいません」

 番組収録まで商売の種に使っていたとなれば、さんま師匠も、“ホンマでっか!?”と困惑するばかりであろう。

ワイド特集「秘中の秘」より

「週刊新潮」2017年4月13日号 掲載