18日、フィリピン政府関係者はドゥテルテ大統領が6月上旬に日本を公式訪問すると表明した。資料写真。

写真拡大

2017年4月18日、フィリピン政府関係者はドゥテルテ大統領が6月上旬に日本を公式訪問すると表明した。澎湃新聞が伝えた。

ドゥテルテ大統領は東京で安倍晋三首相と会談する。16年10月以来2度目の訪日となる。5月中旬に中国が北京で開く「一帯一路(シルクロード経済圏構想)」の首脳会議に出席し、同下旬にはロシアを訪問する見通しだ。

フィリピン紙フィリピン・スターは「ドゥテルテ大統領は激しい言動、姿勢が少なからぬ批判を受けてきたが、最近では歓迎される傾向にある」と報道している。南シナ海問題でも島しょ部への施設建設を強化するよう指示したと伝えられている。

フィリピンのロマナ駐中国大使は17日、南シナ海の島しょ部での軍事施設建設強化についての声明について「フィリピンは1970年代から問題の島々を実効支配している。つまり中国に対する政策には根本的に変化はない。中国との関係が改善されるよう努力していく」と話した。(翻訳・編集/大宮)