「戦姫絶唱シンフォギア AXZ」キービジュアル

写真拡大

 テレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第4期のタイトルが、「戦姫絶唱シンフォギア AXZ」に決定し、響や風鳴翼、雪音クリス、マリア・カデンツァヴナ・イヴ、月読調、暁切歌ら、シンフォギア装者6人が集結した第1弾キービジュアルが公開された。同作は、今夏7月から放送開始を予定している。

 「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズは、サウンドプロデュースグループ「Elements Garden」の上松範康と、ゲームクリエイター・金子彰史による、「すべての中心に音楽が据えられた作品を作りたい」というコンセプトのもとに制作。人間を炭素の塊に変えてしまう認定特異災害「ノイズ」がはびこる近未来の東京を舞台に、立花響たちをはじめとする少女たちが、シンフォギアシステムで武装してノイズと戦う姿を描く。2012年に第1期「戦姫絶唱シンフォギア」、13年に第2期「戦姫絶唱シンフォギアG」、15年に第3期「戦姫絶唱シンフォギアGX」が放送されており、今回タイトルが発表された第4期のほかに、第5期の制作も決定している。なお、第4期「AXZ」では、「G」「GX」から小野勝巳監督が続投。アニメーション制作は、シリーズ全作に携わってきたサテライトが引き続き担当する。

 そのほか、YouTubeでは特報映像が公開されており、映像内では第2期「G」第12話でその存在が示唆された、「パヴァリア光明結社」の名称も登場している。