写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キングジムは4月18日、都内で記者向け説明会を開催し、新ブランド「HITOTOKI (ヒトトキ)」を発表した。また、HITOTOKIシリーズの製品第1弾として、テーププリンター「こはる MP20」も披露。発売は5月19日で、価格は税別6,800円となっている。

新ブランドのHITOTOKIでは、「日々を楽しむ文房具」をコンセプトに、事務用機器や文房具の新製品を展開。既に発売しているシールプリンター「ひより」や「ガーリーテプラ」など女性向けの6製品に、新製品のテーププリンター「こはる MP20」を加えた計7製品でスタートする。夏以降に製品を拡大していく意向で、主に30〜40代の女性をターゲットにしていくとのこと。

新製品のこはる MP20は、2010年に発売された「こはる MP10」の後継機。専用のマスキングテープをセットすると、文字や絵文字を印字できるプリンターだが、新製品ではデザインを一新。全体は家のようなデザインで、窓の形を模した液晶部分やボタン、ドアの形の電源ボタンなど遊び心を取り入れ、インテリア雑貨のように仕上がっている。また、煙突を模した部分は、従来機種にはなかったテープのカットボタンになっている。

サイズはW107×H97×D42mm、重量は201gと軽量かつコンパクト。フォント数は6種類から7種類に、フレーム数は34種類から36種類に増えている。本体に内蔵している文字は、漢字が4,086文字、ひらがな・カタカナ・英数字が231文字、記号・絵文字が396文字だ。印刷方向は横書きだけでなく、縦書きも選べるようになった。

マスキングテープに加えて、新たに「こはる」専用のフィルムテープも発売される。フィルムタイプのため、水はねが懸念されるキッチンなど、一般的なマスキングテープよりも幅広い用途で使えるだろう。

テープは15mmに加えて11mm幅も用意、それぞれ3種類のデザインをラインナップする。デザインは本体に合わせて北欧風となっている。専用フィルムテープは各380円(税別)。

新ブランドは、専用Instagramアカウントの開設やワークショップなどの開催により、ユーザーとのコミュニケーションを積極的に図っていくとのこと。そして、製品を日常生活に取り入れるための新しい提案や、ブランド認知拡大に努めていくという。

(神野恵美)