写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開するガンプラ「MG(マスターグレード)」より、ジオン公国軍のシン・マツナガ大尉の代替機とされるカスタムタイプの高機動型ザクIIをモチーフにした「MG 1/100 MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザクII(カスタムタイプ)」が登場。現在プレミアムバンダイにて予約受付がスタートしている。2017年6月発送予定で、価格は4,860円(税込)。

シン・マツナガ大尉は、『機動戦士ガンダム』で「ソロモンの白狼」の異名を持つジオン公国軍のエースパイロット。白のパーソナルカラーが印象的な機体に搭乗する。『機動戦士ガンダム MSV-R』に登場したMSを再現した「MG 1/100 MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザクII(カスタムタイプ)」では、カスタムタイプの特徴である、通常と形状が異なる両肩のスパイクアーマーや、燃料補助タンクの形状が異なる脚部パーツを再現。パーソナルカラーである白は、質感あるオフホワイトの成形色で表現している。新規デザインの水転写デカールには、「白狼」「23」などの特徴的なマーキングを収録。さらに武装では、ジャイアント・バズーカなどの多彩な装備に加え、「ドズル・ザビ専用ザクII」が装備していた、大型ヒート・ホークが新たに付属する。

(C)創通・サンライズ