警察のヘリが墜落したとみられるトルコ東部トゥンジェリ県のプルムル地区の位置を示した図。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)トルコ東部の山岳地域で18日、警察のヘリコプターが墜落し、スレイマン・ソイル(Suleyman Soylu)内相によると、搭乗していた警察官や判事ら12人全員が死亡した。

 ソイル内相はテレビ記者会見で声明を読み上げ、墜落は「天候が原因とみられる事故」だったと述べ、攻撃などの可能性を否定した。

 地元当局によると、ヘリコプターはグリニッジ標準時(GMT)18日午前8時40分(日本時間同日午後5時40分)ごろ、同国東部トゥンジェリ(Tunceli)県で墜落した。警察官7人と判事1人のほか、軍の下士官1人、乗員3人が搭乗していた。

 離陸してから約10分後には通信が途絶えたという。事故現場には救助チームが派遣されていた。
【翻訳編集】AFPBB News