かわいすぎる“毎日小さいアイス食べるリス”

写真拡大

米ノースカロライナ州南部のホールデンビーチという海沿いの町で、今、一軒のアイスクリーム屋さんにやってくるリスが、訪れる人々を和ませているそうです。

米放送局NBCなどによると、このリス、同店のオーナーであるスコット・マーチンさんと妻のパムさんから「パター」と名付けられ可愛がられているのですが、とても人懐こく、アイスクリームを買いに来るお客さんや、お店と同じ敷地内にあるミニゴルフのコースで子供と戯れたりしていたそうです。ところがある日、ある女性からアイスクリームを「拝借」して木の上に持っていき食べてしまったそうで、それを見たマーチン夫妻は、小さいアイスクリームコーンをパター専用に作ってあげることにしました。

パターはバニラ味のアイスクリームが特にお気に召したようで、今では毎日「名前を呼ぶと巣から出て来て、アイスクリームを受け取りにくる」とのこと。ちなみにマーチン夫妻は、パターの健康も気遣って、無糖アイスクリームをちゃんと用意してあるとか。

小さな前脚で器用にアイスクリームコーンを持ち、美味しいそうに食べるリスの姿は愛らしさいっぱい。その姿を一目見ようと大勢のお客さんが同店を訪れるようになったそうです。

「パターはうちのマスコットになってくれました。本当にありがたいことです」と、笑顔でスコットさんは語っています。ただ、同店ではお客さんたちが自分でパターにアイスクリームを与えることは遠慮してもらっているとのこと。

「やっぱり食べ過ぎは良くないですからね」