【詳細】他の写真はこちら

オモテウラのないやつです。

「Bose(ボーズ)」といえば本格的なスピーカーシステムだけでなく、気軽に持ちはこべるポータブルスピーカーでも定評があるメーカー。そんな同社から、360度にサウンドが広がる円筒形のスピーカー『SoundLink Revolve Bluetooth speaker』と『SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』の2機種が発表されました。価格は小型の『SoundLink Revolve Bluetooth speaker』が2万7000円、取っ手付きの大型な『SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』が3万7800円で、カラーラインナップはトリプルブラックとラックスグレーの2色。公式オンラインストアでは現在予約を受け付けており、4月28日に出荷予定です。


『SoundLink Revolve Bluetooth speaker』


『SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』

この製品はその名の通りBluetooth対応で、スマートフォンやパソコンなどと無線経由で接続して利用するのスピーカー。新たな音響設計により、完全に均一な360度全方位の音響再生を実現しているのが最大の特徴です。部屋の隅でも中央でも、設置する場所を選ばずどこに置いても部屋の全員に全く同じサウンドを提供できるんだそう。

マイク内蔵でボイスアシスタントが利用可能





本体の高さが152mm、奥行きが82mmとなる『SoundLink Revolve Bluetooth speaker』だと、最大12時間のバッテリー駆動。ちょっと大きめな高さ184mm、奥行き105mmの『SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』だと、最大16時間のバッテリーライフとなります。

NFCによるスマホとの連携が可能で、内蔵マイクをスピーカーと合わせれば、スマホのボイスアシスタント機能の「Siri」や「Google Assistant」も利用可能。さらに無料アプリ「Bose Connect」を使えば、2台のSoundLink Revolveを連携させ、ステレオスピーカーとして使うなんてことも。

水場にも強い本体設計





本体はIPX4の防沫仕様。キッチン脇や野外に持ち出しても安心して使えます。また、落下や衝突などにも耐えられるような頑丈設計になっているそうです。

どこにでも気軽に持ち出したいスピーカー





底面には三脚固定用のネジ穴を備えているので、色々な場所に設置できそう。自宅でも、あるいはアウトドアシーンでも活躍してくれそうなモバイルスピーカーですね!

文/塚本直樹

関連サイト



『SoundLink Revolve/SoundLink Revolve+』製品情報ページ

関連記事



この棒で驚異の臨場感。アップグレードも楽しいBoseのサウンドバー『SoundTouch 300』誕生

無線&最強ノイキャン! ボーズの最新ヘッドホン『QC35』、本日発売!

ボーズ「夏休みの自由研究」に参入か!? 子ども向けDIY無線スピーカー