ディスコ系ミュージシャン向け?

野外ライブに、弾き語りにと活躍してくれるボーカルスピーカーに、インパクト大の新製品が登場しました。音響機器の輸出入販売を手がけるインミュージックジャパンは、本体前面にLEDライトを搭載し、さまざまなボイスエフェクトが楽しめるNumarkブランドのボーカルスピーカー『Sing Master』を国内で発売します。何はさておきド派手な印象ですね。

60種類のボイスエフェクトと10種類のLEDライトモード





さて、このボーカルスピーカーのセールスポイントは見た目もさることながら何と言っても、全60種類の多彩なボイスエフェクトを備えている点。リバーブやエコーだけでなく、自分の声をコーラス風に重ねる「HARMONEY EFFECTS」機能、男声を女声へ変換する機能、エイリアンボイスやロボットボイス、Dベーダー(ダース・ベイダーかな?)といった声色などが用意されています。ボイスエフェクトを掛けた音声はAUX出力することでレコーディングに使用することも可能とのこと。

50Wアンプと8インチ2wayスピーカー、ツイーターがパワフルなサウンドを出力し、前面のLEDライトはビートに反応して10種類のパターンで発光してくれます。聴覚だけでなく視覚でもライブを盛り上げてくれることでしょう。

スマホやタブレット連携でもっと楽しく





本スピーカーはBluetooth対応。スマホやタブレットなどと連携させて、ワイヤレスで音楽を再生することも可能です。さらに、USBの電源出力を備え、スマホなどを充電することも。マイク入力を2系統、そして3.5mmのAUX入出力を備えています。本体サイズは381x279x438mm、重量は8.52kg。伸縮式ハンドルとキャスターを備え、簡単に持ち運びが可能なのも特徴です。気になるお値段は、高品質マイクとケーブルが付属して2万9800円。発売日は2017年4月21日となっています。

音だけでなく、光でも魅せてくれそうなボーカルスピーカー『Sing Master』で、新たな音楽シーンを開拓してみたいですね!

文/塚本直樹

関連サイト



『Sing Master』製品ページ

『Sing Master』プレスリリース

関連記事



ひとりで歌ってもアンサンブル! BOSS“弾き語り専用”アンプの自動ハモり機能がすごい【動画あり】

脱メタルか!? ポップなカラーのマーシャルアンプが国内発売へ

スマート・ギターアンプ爆誕! マーシャルの『CODE』はスマホとも連動ゥウ!