SoundLink Revolve Bluetooth speaker

ボーズ・コーポレーションは、Bluetoothスピーカーの新製品「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」と「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」の2機種を4月28日に発売すると発表した。同製品は、ボディ形状が円筒形のワイヤレススピーカー。2基のパッシブラジエーターを向かい合わせに配置した「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」と、下向きにセットされた超高効率トランスデューサー、そこから出た音を受けて拡散する新開発の音響デフレクターで構成されており、エンクロージャー内の空気圧をコントロールして歪みを除去する構造体「圧力弁」も搭載している。

従来の全方位型スピーカーの課題だったスイートスポットの発生や特定周波数の落ち込みもなく、部屋のどこに置いても同じサウンドを届けることが可能だ。本体はIPX4準拠の防滴仕様で、底面にはネジ穴を備えており、三脚に固定して使うこともできる。

「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」のサイズは152×82mm、重量は670g、バッテリーの駆動時間は最大12時間。「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」のサイズは、184×105mm、重さは910g、バッテリーの駆動時間は最大16時間。

SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

価格(税抜):
SoundLink Revolve Bluetooth speaker 25000円
SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker 35000円

ボーズ・コーポレーション
URL:https://globalpressroom.bose.com/jp-jp/pressrelease/view/1801
2017/04/18