引退会見時の浅田さん

写真拡大

現役引退を発表した元・フィギュアスケートの浅田真央(26)。

彼女の引退には日本国内で、国民栄誉賞だ、など「労をねぎらう」声や「感謝」の声であふれた。しかし、韓国ではそうではないようだ――。

キム・ヨナに多大な被害を与えた

韓国の有力紙「中央日報」の日本語版サイトは2017年4月18日、こんな記事を配信した。

<フィギュア>浅田真央の引退を2度載せて非難される韓国五輪のSNS

記事では、韓国オリンピックの公式インスタグラムのアカウントが「袋叩き」にあっている、と伝える。同アカウントが、浅田選手の引退に2度も触れたためだとした。

1度目は、4月11日(日本時間、以下同)の投稿。氷上でポーズを決める浅田選手の画像とともに、

「キム・ヨナと善意の勝負をしてきた日本のフィギュアスケーター・浅田真央選手が現役引退を発表した。浅田真央選手に素晴らしい将来が待っていますように。お疲れ様でした」

とごく普通のメッセージを添えたものだ。

2度目は、4月15日の投稿。浅田選手の演技を収めた動画とともに、

「浅田真央選手、お疲れ様でした!」

とふたたび労をねぎらった。

しかし、「キム・ヨナと善意の勝負をしてきた」の部分が、キム・ヨナに多大な害を与えたの間違いではないか、といった指摘がインスタグラムのコメント欄に「殺到」。そのうえで、ふたたび浅田選手にエールを送ったために「火」が燃え広がったとした。

なお、18日昼現在、コメント欄は非公開になっており、コメントは確認できない。

この韓国のネットユーザーの「反応」に、ツイッターでは、

「酷い話だ」
「レベル低!記憶に残る選手が一番」
「意味が分からない...」

と苦言が少なくない。