先代は、インプレッサシリーズ販売台数のほぼ半数を占める人気車種となったXV。今回のデザイン・インタビューでは、新型となったインプレッサとの違いを中心に話を伺います。

── はじめに。XVはインプレッサがベースですが、開発自体は同時進行だったのでしょうか?

「はい。スバルとしては両車は別車種と位置づけていますが、実際にはほぼ同時でしたね。新しいインプレッサ5ドアのスポーティさと、XVのしっかり感をどうやって両立させるかの検討を行いました」

── その「しっかり感」を出すための基本的な考え方はどこにありましたか?

「インプレッサの上屋のスポーティさを残しつつ、下回りをガッチリたくましい表現にすることで、強いコントラストを出したかった。ただ、やはりあくまでもXVとして、人気だった先代をどう進化させるかが優先されたと思います」

── では新しいXVとして、造形上の独自のキーワードはあったのですか?

「ファン・アドベンチャーですね。商品というより、XVの世界観を創りたいという趣旨から考えたものです。ユーザーの方に乗っていただき、あたかも冒険をしているかのような楽しさを感じてほしい」

── 上下に約25ミリ伸びたグリルの周囲は、シルバーではなくブラックでまとめたのが特徴です

「ここはトレッキングシューズをモチーフとして、がっちりしたソールのイメージなんです。また、グリルの左右両端には、フットボールのヘルメットを意図したガードパーツも施しているんですよ」

── ブラックのパーツで質感を表現するのは難しいと思えますが?

「ええ、シルバーを外すのは確かに勇気が要りましたね(笑)。今回、アンダーグリルからもシルバー素材を外したのですが、形状自体にリズムを付けるなどをした結果、社内の評判はなかなかいいんですよ。それと、シルバー色については、今回ウイング部分やサイドウインドウで使っていますので、全体としての質感は出せていると思います」

インプレッサとはまったく異なるモチーフを想定し、独自の世界観を標榜したXV。もっとも印象的なフロントフェイスでそれを打ち出したのが印象的です。後編では、ボディのサイド面からお話を伺います。

[お話を伺った方]

株式会社SUBARU
商品企画本部 デザイン部
デザイン部長兼商品開発企画部長 石井 守 氏

(インタビュー:すぎもとたかよし)

冒険心を感じる世界観を創りたい ─ 新型スバル・XVのデザインが目指したもの(前編)(http://clicccar.com/2017/04/18/462692/)