ジーナ・ロドリゲス

写真拡大

米CWの人気コメディドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』で主役を務めるジーナ・ロドリゲスが、米Netflixが製作する1990年代のアニメシリーズ『怪盗カルメン・サンディエゴ』の復活版で、主人公の声を担当することが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

本作は1994〜99年に5シーズンにわたってオンエアされたアニメ番組で、ゲーム番組『Where in the World Is Carmen Sandiego?(原題)』としても放送された。ゲーム番組版では、世界中の著名な宝物や人物、歴史的な出来事や地理なども紹介され、子ども向けの教育番組的な内容となっている。

主人公は、国際窃盗団のリーダーであるカルメン・サンディエゴ。20世紀に怪盗として知名度を上げた彼女は、高度な機器を使い世界中の宝石を盗みまくり、探偵コンビのザック&アイビーが彼女を捕まえるべく世界各地を巡り、カルメンを捕まえようと大奮闘する...というストーリー。1シーズン20話で構成される予定のシリーズで、ジーナが主役カルメンの声を担当することとなる。

この他にもNetflixは、1990年に放送されたアニメシリーズ『ガジェット警部』と2015年製作のアニメ『The Mr. Peabody & Sherman Show(原題)』、1994年放送のアニメ番組『マジック・スクール・バス』もリバイバルさせると発表している。

そして、ジーナが主演する『ジェーン・ザ・ヴァージン』はシーズン4への更新が決定し、シーズン3はCWにて4月24日(月)より第16話から放送再開予定。(海外ドラマNAVI)